ドバイ万博の日本が運営する寿司店でCOVIDの発生が見られる

日本政府によると、アラブ首長国連邦万国博覧会で店頭を運営している回転寿司チェーンの寿司屋の従業員10人がコロナウイルスに感染しているという。

経済産業省によると、ドバイ世界博覧会のジャパンパビリオンに隣接するスシロレストランは月曜日に閉店し、公衆の健康と安全が確保されるまで自主的な操業停止が続くとのことです。 パビリオン自体は開いたままです。

添付の写真は、ドバイ万博での日本の寿司チェーン「すしろ」の内部の画像です。 (共同通信)

世界的大流行により1年遅れて10月に開幕して以来、中東で開催される最初の世界的博覧会であるExpo 2020ドバイは、非常にオミクロンの亜種を含むコロナウイルスの蔓延の影響を受けています。 。 、いくつかのイベントが減少しました。

12月11日、主催者から「ジャパンデー」に指定されたパビリオンの参加者などが、大阪で開催される2025年日本国際博覧会を宣伝するバナーを掲げて展示会場をパレードしました。

。ドバイ万博の日本が運営する寿司店でCOVIDの発生が見られる

Source#ドバイ万博の日本が運営する寿司店でCOVIDの発生が見られる

Leave a Comment