トヨタグループが中部日本で水道の混乱に見舞われた

水曜日、トヨタ自動車とその関連会社およびその他の中部地方の約130の生産拠点が、大規模な漏水による深刻な工業用水供給の混乱に直面し、自動車メーカー、そのサプライヤーなどの一部の操業が停止された。

関係者によると、愛知県内の近くの河川から取水した水を貯水し、地域の工場で使用している施設で、日曜日に初めて漏水が発見された。

2022年5月18日に共同通信のヘリコプターから撮影された写真は、大規模な漏水が発生した愛知県豊田市の給水および貯蔵施設を示しています。 (共同通信)

トヨタは水曜日に部品生産の一部を停止し、豊田自動織機の関連会社は木曜日に愛知県の工場の1つで日中の車両組立作業を停止すると述べた。

他のトヨタの関連会社であるジェイテクトとデンソーは、貯水と井戸水へのアクセスがあるため、当面は生産に影響が及ぶとは予想していないと述べた。 他のいくつかのグループ会社が影響を調査していました。

電力会社のジェラ社は、水の使用量を節約するために、県内の火力発電所の出力を午後8時から半分にしたと語った。 大阪ガスの発電機2台も供給途絶の影響を受けた。

トヨタと他の会社は水曜日に彼らのプラントを動かすために井戸水と他の源を使用しました。 県当局によると、この水はさまざまな産業活動で部品の冷却と洗浄に使用されたという。

水道施設を運営している中央日本の農務省の局は、水曜日に大規模な漏出が貯水池のベッドの穴によって引き起こされたと言いました。

漏水により、浄水場は必要な量の水を確保できず、貯水池の水が不足しているため、事業への供給を停止せざるを得ません。

県によると、安城浄水場からの1日平均給水量は4月で約14万3000立方メートル。

。トヨタグループが中部日本で水道の混乱に見舞われた
Source#トヨタグループが中部日本で水道の混乱に見舞われた

Leave a Comment