トヨタのマスマーケットEVが日本でのみ購読される

日本のトヨタ自動車は、今年半ばに初の量産EVを国内外で展開する予定です。

スポーツユーティリティビークルは、当面の間、日本での月額サブスクリプションを通じてのみ提供されます。

トヨタは、SUVを販売するのではなく、固定料金のサブスクリプションサービスを通じてリースする予定です。

同社によれば、転売価値の心配を和らげたいという。 電気自動車のバッテリーは、時間の経過とともに劣化する可能性があります。 トヨタはまた、車両の所有権を維持することで、使用済みバッテリーをより適切にリサイクルできると考えています。

電気SUVは、トヨタが2030年までに全世界で発売する予定の30台のEVモデルの中で最初のものとなる。







トヨタのマスマーケットEVが日本でのみ購読される
Source#トヨタのマスマーケットEVが日本でのみ購読される

Leave a Comment