トヨタがサイバー攻撃により全日本工場の操業を停止

日経は、大手サプライヤーがサイバー攻撃の疑いに見舞われたため、トヨタ自動車は火曜日に日本のすべての工場を閉鎖する予定であると語った。

この決定は、サプライヤが攻撃に見舞われ、部品供給管理システムが停止した後に行われました。

自動車メーカーは、水曜日以降に通常の運用に戻ることができるかどうかをまだ検討しています。 火曜日にすべての国内工場が閉鎖されると、約10,000台の自動車の生産に影響を及ぼします。これは、トヨタの日本での月間生産量の約5%に相当します。

この事件は、チップ不足とCovid関連の混乱のために、1月と2月に工場が停止した後、トヨタが完全生産に戻る努力を損なう可能性があります。 パンデミックの大部分を通じてサプライチェーンの障害に対して比較的回復力を維持しているトヨタは、生産量の減少を補い、世界的な自動車需要の急増に対応するために、生産を拡大しようとしています。

金属、プラスチック、電子部品を製造する児島プレスのウェブサイトは月曜日遅くにアクセスできなかった。

日経によると、トヨタの日本工場の1日停止は、約10,000台以上、つまり国内生産の5%に相当します。 トヨタは、日本の14工場で28の組立ラインを運営しています。







トヨタがサイバー攻撃により全日本工場の操業を停止
Source#トヨタがサイバー攻撃により全日本工場の操業を停止

Leave a Comment