デートの同僚に対するタブーがパンデミックの中で衰退するにつれて、日本でオフィスの恋愛が花開く

日本の雇用主は長い間、職場での恋愛に憤慨してきました。これは、真面目でプロフェッショナルな環境であるはずの気晴らしや厄介さの原因と見なされています。

しかし、パンデミックにより態度が変化し、より多くの従業員がコロナカ、つまり「コロナ関係」についてオープンになっているようです。

日本のマッチメイキングおよびブライダル会社であるTamenyIncが昨年実施した調査によると、162人の回答者の45.7%が職場での恋愛を積極的に探していました。これは、4年前に行われた調査の38.2%から増加しています。

さらに劇的なのは、そのような関係を秘密にしておきたいと答えた回答者の割合が急落したことでした。昨年の調査では41.3%でしたが、昨年はわずか16.1%でした。

北海道文教大学の渡辺誠教授は、世界的な健康危機の中で人々の社会生活が縮小したことによる態度の変化を挙げた。

「私たちのプライベートな世界はここ数年で劇的に縮小しました」と彼は今週のアジアで語った。 「パンデミックが発生する前は、人々は毎日自由に外出できました。バーやレストランに行ったり、ギャラリーや文化イベントに行ったり、スポーツに参加したり、共有する人々のグループと会ったりしていました。彼らの利益。 それはすべて変わりました。」

この変化は、パンデミックの初期に特に顕著であり、ワクチンとCovid-19に対する効果的な医学的介入が出現する前に、渡辺氏は述べましたが、健康危機の心理的影響は長く続いています。







デートの同僚に対するタブーがパンデミックの中で衰退するにつれて、日本でオフィスの恋愛が花開く
Source#デートの同僚に対するタブーがパンデミックの中で衰退するにつれて日本でオフィスの恋愛が花開く

Leave a Comment