テレビホストを訴える故「テラスハウス」スターの母

人気リアリティ番組「テラスハウス」の元キャストメンバーである木村花さんの母親は、来年、番組の日本の放送局と制作会社に対して、娘の自殺の補償を求めて訴訟を起こすと述べた。

木村響子氏は、東京で弁護士との記者会見で、フジテレビジョンと制作会社に娘の自殺の動機を「誠実に」調査し、「キャストの人権が保護されているかどうかを法廷で明らかにしてほしい」と述べた。 「」

木村響子(C)が2021年12月16日に東京で行われた記者会見で講演。(共同通信)

22歳のハナは、「TerraceHouseTokyo」の2019-2020シーズンの6人のキャストメンバーの1人でした。 プロレスラーは、ソーシャルメディアでの嫌なメッセージの集中砲火の標的になった後、2020年5月に東京のアパートで死んでいるのが発見されました。 それ以来、ショーはキャンセルされました。

44歳の母親と彼女の法務チームによると、訴訟は、フジテレビと制作会社がキャストを品位を傷つける方法で描写するために意図的にシーンを配置および編集したかどうかに焦点を当てます。


関連する報道:

日本はネットいじめに取り組むための侮辱に対するより厳しい懲役刑を予見している

故「テラスハウス」スターの母親が嫌な投稿で男を訴える

男は「テラスハウス」のネットいじめスターの検察官に紹介されました


また、2020年3月のエピソードでハナが気性を失い、ネットいじめを引き起こした後、ハナが自傷行為を行ったにもかかわらず、シリーズのストリーミングを継続する責任を両社に負わせようとしています。

木村は、死の1週間前に、プロデューサーは「キャストを人間のように扱わない」と言っていたと語った。

木村花(ゲッティ/共同通信)。

訴訟の準備段階として、木村氏は東京地方裁判所に、これまでに公開されていない番組の映像を含む証拠を保存するよう申し立てた。この映像は、米国のストリーミングサービスNetflixでも英語の字幕付きで放映された。

先週の金曜日、裁判所は制作会社に生のテープや台本などの資料を提出するよう命じました。

同社はこれに応じることを拒否したため、木村氏は裁判所に正式に命令を出すよう求める請願書を提出することを検討している。

フジテレビと制作会社は、訴訟が係属中の間、コメントを控えた。

木村容疑者は、これまでに2人の男性が起訴され、罰金を科され、娘について嫌なコメントを投稿した人々からの損害賠償を特定し、求める努力を続けてきました。

また、東京地方裁判所は5月、娘の死後、嫌なメッセージを投稿した男性から約129万円(11300ドル)の損害賠償を認めた。

木村氏はまた、2020年7月に放送倫理プログラム改善機構にリアリティ番組が娘の人権と個人の権利を侵害したとして苦情を申し立てた。

3月、組織はプログラムが倫理的に問題があると結論付けました。

。テレビホストを訴える故「テラスハウス」スターの母

Source#テレビホストを訴える故テラスハウススターの母

Leave a Comment