テニススターの安全は、中国が完全なオリンピックを主催するための障害を設定します

北京オリンピックの2か月半前、中国は習近平大統領が冬季オリンピックを完全な形で開催しようとする努力を妨げる可能性のある障害、つまりテニススターの彭帥の安全を克服するのに苦労してきました。

国際オリンピック委員会は日曜日、トーマス・バッハ大統領が鵬と30分間のビデオ通話を行ったと述べたが、この動きは彼女が中国当局に拘束されているという米国や他の民主主義国家からの懸念を取り除くことができなかった。

2017年10月4日に撮影されたファイル写真は、北京で開催されたWTAツアーチャイナオープンでの中国のテニスプレーヤー、彭帥を示しています。 (共同通信)==共同通信

鵬の安全に対する懸念は、彼の名前でソーシャルメディアの投稿が11月初旬にオンラインで広まった後、彼が天津の高官であったときに張高麗前副首相とセックスしたと言って国際的に高まった。

専門家によると、ジョー・バイデン大統領が中国での人権侵害の疑いを批判しているため、北京オリンピックの前に問題が解決されない場合、米国は2月に予定されているイベントの「外交ボイコット」を実施する。

鵬をめぐるこの問題の進展はまた、今年の夏に東京オリンピックを主催した中国の隣国である日本に、最も近い安全保障同盟国である米国に従うべきかどうかを考えさせると予想される。

外交筋によると、中国は鵬が自宅で安全で自由であるという「物語を作ろう」としているが、「公の場で真実を話さない限り、誰もそれを信じることができない」と述べた。

このような状況が続くと、バイデン政権は北京に対して「確実に厳しいアプローチをとる」し、経済が中国に大きく依存している日本は「曖昧な対応」ができないと情報筋は付け加えた。

鵬は、4つの主要な世界トーナメントのうちの2つであるウィンブルドンと全仏オープンで女子ダブルスを獲得しました。 張は、Xiのリーダーシップの下、2012年から2017年まで、与党共産党中央委員会の政治局のメンバーを務めました。

11月2日、この投稿は中国のTwitterに相当するWeiboに突然登場し、PengはZhangとの不健康な関係を告白しましたが、すぐに削除されました。

その後、鵬が行方不明になり拘束されたと推測され、現在のセルビアの世界一のノバク・ジョコビッチや日本の大坂なおみを含む多くの有名なテニス選手が鵬の安全に対する不安を表明した。

先週遅く、国営のチャイナグローバルテレビネットワークは、ペンから女子テニス協会のディレクターであるスティーブサイモンへのメールであると述べた写真をツイートした。

メールには英語で書かれている。「迷子になったり、不安を感じたりすることはありません。家で休んでいるだけで、すべてが順調です。」 しかし、それが実際に彼女によって書かれたものであるかどうかについては疑問が残りました。

鵬をめぐる論争を和らげようとする中国政府の試みの疑いで、イベント主催者は日曜日に、北京でのテニストーナメントで彼女が笑顔で手を振っている写真を投稿した。

共産党の環球時報の編集長である胡錫進氏は、英語のツイッターの投稿で次のように述べている。中身 。 “

一部のアナリストによると、IOCは中国からの財政的貢献を期待しており、鵬がバッハとオンラインで話したのと同じ日に発表した。 その後、組織はチャットの静止画像を公開しましたが、会議のビデオは公開されていません。

月曜日、ニューヨークを拠点とするヒューマン・ライツ・ウォッチは、IOCが中国の国家プロパガンダを推進していると非難し、米国務省のスポークスマン、ネッド・プライスは記者会見で、ワシントンは鵬に関する出来事を「追っかけ」していると語った。

添付の写真は、国際オリンピック委員会のトーマス・バッハ委員長(カメラに背を向けて)が中国のテニス選手彭帥(画面上)と話しているところです。 (著作権IOC /グレッグマーティン)(共同通信)

プライスのコメントは、バイデンが先週、北京オリンピックの外交的ボイコットを検討していることを認め、米国政府の代表者が世界のスポーツイベントに参加しないことを示唆したときに出された。

アメリカの運動選手の参加に影響を及ぼさないボイコットは、ワシントンが「ジェノサイド」と呼んだ新疆ウイグル自治区西部のウイグル人イスラム教徒に対する中国の人権侵害の申し立てへの対応と見られている。

バイデンが人権問題を強調していることを考えると、彼は鵬の「公式の沈黙」を無視することはできないと、中米関係に詳しい筋は述べ、ワシントンは北京オリンピックの外交ボイコットを実行する可能性が「非常に高い」と付け加えた。

それが起こった場合、日本は「岩と困難な場所の間に挟まれる」と、東京の国際基督教大学の上級准教授であるスティーブン・ナジー氏は語った。

「日本の立場は、中国が顔を救うことを確実にするために微妙な違いがあるが、経済的に問題を引き起こすほど大きくはないだろう」と彼は言った。 「東京があらゆるレベルで包括的な外交ボイコットを実施した場合、北京と西は確かに顔を失うだろう。」

中国は、東シナ海で「日本への圧力を強めることによって報復する」か、「検査の強化、規制の遵守、または日本に影響を与える重要なサプライチェーンへの干渉を通じて、日本企業に国内で圧力をかけることによって報復する」とナジー氏は述べた。

新北市のタムカン大学名誉教授のタイ・ワンチン氏も、米国が外交ボイコットを要求した場合、民主党がそれに続く可能性が高いと述べた。

岸田文雄首相の日本政府は、中国に対する「政策の柔軟性を維持」したいと思うかもしれないが、「最終的には米国の説得や圧力に抵抗することはないだろう」と述べた。

岸田文雄は11月、日中関係を深める党派議員集団を率いる林芳正元国防相を外相に任命し、東京が北京に向けてバランスの取れた外交戦略を追求するという見方を固めた。

鵬については、林氏は水曜日、日本は状況を監視しており、「懸念ができるだけ早く解消されることを切に望んでいる」と述べたが、北京からのオリンピックの外交ボイコットについては現時点では何も決まっていないと述べた。

一方、岸田文雄は、中国の新疆ウイグル自治区の取り締まりと香港の民主化運動の取り締まりに対処するための明白な試みとして、人権に関する首相の特別顧問の新しいポストを設立した。

。テニススターの安全は、中国が完全なオリンピックを主催するための障害を設定します

Source#テニススターの安全は中国が完全なオリンピックを主催するための障害を設定します

Leave a Comment