ティム・ジェームス:日の出のサプライズ-ケープタウンの日本ワイン

誰が考えたでしょうか(もちろん、非常に知識が豊富な場合を除いて)? まず、日本には小さいながらも重要なワイン産業があります。 第二に、それは本当に良くて魅力的なワインを生産するということです。 先週、私はこの問題についてほとんど完全に無知だったので、そこからもう一歩踏み出しました。そして、私はその変化を本当に楽しんでいました。 機会があれば、日本を無視する他のワイン愛好家にも切り替えを勧めましょう。これは、母国以外では簡単ではなく、南アフリカでは一般的に不可能です。

Eben Sadieは、ケープタウンでの試飲を惜しみなく開催するのに十分な数のボトルを持ってきて、そこでのマーケティング旅行で日本ワインについてもっと学びました。 「それで、私たちの小さなグループが日本向けの京都ガーデンレストランに集まりました(そしてその後そこで素晴らしい食事をしました)、ステレンボッシュからのいくつかの関連する学者、メディアの人々、エベンの日本の輸入業者(ケープに拠点を置く)を含みました町であり、主に日本に行く本格的なワインの責任者であるようです)、そして南アフリカへの日本大使。

丸山典夫大使。

写真が示すように、大使の丸山典男は、熱心なワイン愛好家である「オタク」であり、日本ワインのワインと文化的背景について多くの有益な洞察を提供することができました。 (ちなみに、夜が更けて暖かくなったので、彼は上着を脱いでネクタイを脱いだ。) ある時、2016年は日本でいいヴィンテージかと聞いてみました。 日本には良い作物はありません、と彼は言いました、それらはすべて一貫して悪いです。 それによって彼は、彼らが良いワインを生産しないということを全く意味しませんでしたが、そうするための闘争は絶えず行われなければならないということを意味しました。

明らかに、日本は本当にワインを生産すべきではありません。 アメリカ東海岸のように南フランスのほぼ緯度に位置していますが、西に広大な大陸があり、ワイン造りにとって非常にひどい気候です。 昇る太陽の国だと、雨や雪の雲や荒天で太陽が遮られることが多いようです。 イーベンは、日本の状況を見て、南アフリカのワインメーカーは決して文句を言うべきではないことに気づきましたが、彼自身は別の問題であることを常に覚えていると言います。 これらの可能性に逆らってワイン造りをしているので、日本人は時々信じられているよりもロマンチックな人々であるに違いないと思います。

しかし、細心の注意、職人技への誇り、繊細さ、洗練は、古典的な日本文化に非常に関連しており、少なくともこのサンプルでは、​​日本ワインの一部でもあります。 これらの8つの例は、冷たい起源から予想されるように、かなり低いアルコールレベルと良好な酸味を持っており、これらのパラメーター内で可能な繊細さ、優雅さ、そして繊細さは確かに提供されていました。

日本には2つの高級ワイン用ブドウがあります。 大使は、古州は何世紀も前にジョージアから来たと信じられていると言います。 肌は淡い赤ですが、試飲を始めたのはまったく資格がありませんでした。山梨県のグレイスワイナリー(日本で最も重要なワイン産地、東京から内陸部のみですが、ここでは他の場所と同様にテーブルの栽培が多い2018年)ブドウ)。 真面目でチャーミングで、ピュアでフレッシュ、そして繊細に密着しているが、酸味は高くないが、それは夕方のトーンを喜んで設定した。 それから、南大分産の効果的なオークの2017年熊本を含む2つのシャルドネがありました。 世界で最も有名なシャルドネ地域のワインの中で、それは申し分のないほど際立っていると思います。 もう1つの白は、ドイツのカーナークロス(数十年前にケープからブドウが消えた)からのもので、魅力的で、非常に真面目で、非常に飲みやすいものでしたが、固有の品質は劣っていました。

配置。

赤はピノから始まりました。これは私たちが得た失望に最も近いものでした。 丸山大使は外交的に、これ以上の日本の例は見つからないと嘆いたが、ピノノワールの曲線も上がっていると信じている。 次に、他の日本企業から2つの良い例がありました。それは、湿度の高い条件に対処するために20世紀初頭に特別に飼育されたMuscat BaileyAと呼ばれるハンブルクのLabruscaBaileyとMuscatのハイブリッドです。 (日本人はどうやらその名前に慣れているので、他の人にはどれほど奇妙に聞こえるかわからないかもしれません。) 雑種は通常評判が良くありませんが、これは特に成功しているようで、国内で最も広く植えられている赤です。 葡萄は、シルキーでフルーティーで独特のワインを与え、わずかに印象的なアロマの魅力があります。 2016年のAdegaVinicola d’Arugaは、私たちが持っていた2つのワインの中で安価でしたが、私たちのほとんどはそれが優れていると考えています。 。 。

価格についてのその言及は、ワインの生産が限られている豊かで高価で全国的に誇り高い国から私が期待したほどワインは高価ではなかったと私に言います。 もちろん円でしか買えなかったのですが、日本ではコルメラのボトルの値段で、ほとんどのボトルを何本か買えると思いました(もちろんそうです!)。

最高の赤ワインは間違いなくグレースワイナリーの別のワインでした。カベルネフラン2016は、明らかに日本でエベンの注目を集めた最初のワインです。 典型的な品種のアロマで、乾燥した葉とベリーがあり、フレッシュで美しくバランスが取れており、またもや繊細にエレガントですが、今回は力がないわけではありません。 控えめなセラーに数本のボトルがあれば嬉しいです。

これまでのところ、私の最初の日本ワインの試飲の魅力的な経験。 結論を出すには分岐しなければなりません。 私たちのレストラン経営者が本当に素晴らしい日本のリキュールジン(京都蒸溜所の気のび、54.5%アルコール!)のボトルを持ってきてくれたからです。 もちろん、日本はウイスキーで有名です。 この複雑な多島国は、多種多様なアルコール飲料に非常に優れていることを私は理解しています。 少し不公平に思えますが、あえて関係があるとは思いますが、食べ物もとても上手です。

  • ティムジェームスは南アフリカを代表するワインコメンテーターの一人であり、さまざまな地元および国際的なワインの出版物に貢献しています。 彼はPlatter’sのテイスター(およびアソシエイトエディター)です。 彼の著書「南アフリカのワイン-伝統と革命」は2013年に登場しました

助けて。 インディペンデントメディアへの愛情を少しでも示したいと思いますので、よろしくお願いします。 経済的貢献をするには、ここをクリックしてください。 請求書はリクエストに応じて利用可能-連絡先[email protected]

ティム・ジェームス:日の出のサプライズ-ケープタウンの日本ワイン

Source#ティムジェームス日の出のサプライズケープタウンの日本ワイン

Leave a Comment