ダイバーが北海道沖の沈没した遊覧船の中を捜索する

海上保安庁によると、海上保安庁によると、深海のダイバーは、北海道沖で沈没した観光船の中で2日間の捜索を終え、4月下旬の事故後にまだ行方不明になっている12人の痕跡は見つかりませんでした。

ダイバーは、現在水面下約120メートルの海底にある19トンのボートを調査し続け、救助できるかどうかを確認しています。 4月23日、知床半島でボートが行方不明になり、乗船していた26人のうち14人が死亡したことが確認された。

京堂ニュースのヘリコプターから撮影した写真は、2022年5月20日に海信のはしけを示しています。このはしけから、4月23日に北海道の最北端の本島にある知床半島から26人が乗船して沈没した遊覧船の中で深海調査が行われています。 (共同通信)

ダイバーは、飽和潜水と呼ばれる特別な技術を使用しています。この技術では、酸素とヘリウムの混合物を吸収して、作業する予定の深さの水圧に調整します。

斉藤鉄夫運輸相は金曜日の記者会見で、船を持ち上げる最終決定はまだなされていないが、船を救助する準備が「着実に進んでいる」と述べた。

沿岸警備隊は航空機とボートでその地域を捜索していますが、地元の警察は半島の南の地域に土地の捜索を拡大しています。

一方、沿岸警備隊によると、ロシアが支配し、北海道近郊で日本が領有権を主張している国後島の海岸で、行方不明の遺体が発見された。

沿岸警備隊によると、ロシア当局は木曜日に日本の外務省に遺体について連絡した。

船の事故以来、島の海岸で身元不明の人物が死亡しているのが発見されたのはこれが2度目です。 5月6日、島に漂着した女性の遺体が発見された。


関連する報道:

深海ダイバーは北海道沖の沈没船に行方不明の兆候は見当たらない

係争中の島で発見された沈没船の人の遺体

北海道沈没船の運航者免許取消を検討していない


。ダイバーが北海道沖の沈没した遊覧船の中を捜索する
Source#ダイバーが北海道沖の沈没した遊覧船の中を捜索する

Leave a Comment