ダイハツは2030年までにすべての新車を電動化する

ダイハツ工業は月曜日、国内市場向けの新モデルはすべて、2030年までに電気自動車(EV)またはハイブリッド車になると発表した。

同社はまた、2025年までに電気自動車を発売する計画であると述べた。ダイハツは、中央政府および地方自治体からの補助金を利用して、実質で約100万円の自動車を提供することを目指している。 計画では、日本の新車市場の約4割を占める軽自動車の電動化も進んでいることが示唆されている。

ダイハツの奥平総一郎会長は、月曜日に東京で行われた記者会見で、「カーボンニュートラルについて活発に議論されているので、電気自動車を可能な限り増やす」と述べた。

ダイハツの親会社であるトヨタ自動車は、2030年までに世界で350万台の電気自動車を販売するという目標を発表した。ダイハツの小型電気自動車は350万台に含まれるが、奥平はダイハツ車の台数については言及していない。 。

ダイハツ工業株式会社は、2030年までに日本で販売されるすべての新車を電動化すると発表した。–TBSニュース







ダイハツは2030年までにすべての新車を電動化する

Source#ダイハツは2030年までにすべての新車を電動化する

Leave a Comment