ダイキン、パナソニックが日本の家電製品の値上げに参加

ダイキン工業やパナソニックなどの企業が原材料価格の高騰に苦しんでいることから、日本の値上げはエアコン、食器洗い機、冷蔵庫などの家電製品にも広がっています。

総務省の報告によると、大型家電製品などの「耐久消費財」の日本の消費者物価指数は、6月に前年比7.5%上昇した。 製品カテゴリー別では、エアコンは11%増の130.1で、2009年3月以来の最高の指数レベルです。成長率も15か月で最高です。 冷蔵庫は3ヶ月連続で約15%上昇しました。

エアコンやその他の製品のCPIは、少なくとも近い将来、高いままである可​​能性があります。

ダイキンの幹部は、2023年3月期に「世界全体で4%から5%ずつ段階的に値上げする」と語った。 エアコンメーカーは、銅やアルミニウムなどの輸送や原材料のコスト上昇に対応して、製品の発売やその他のイベントに合わせて価格を引き上げています。

ダイキンの戸川正典社長は、これらのコストを同社の小売業者向けの送料にシフトすることが「最優先事項」であると述べた。

パナソニックは、8月から80近くの製品、主に冷蔵庫などの家電製品の価格を3%〜23%引き上げる。 …読み続けて


ビジネスページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

ダイキン、パナソニックが日本の家電製品の値上げに参加
Source#ダイキンパナソニックが日本の家電製品の値上げに参加

Leave a Comment