タリバンは日本の使節にアフガニスタンの大使館を再開するように頼む

アフガニスタンのタリバーン暫定政府の副首相は、水曜日に戦争で荒廃した国の首都で二人が会ったとき、カブールにある国の大使館を再開するように日本の大使に呼びかけた。

タリバンは、アブドゥル・ガニ・バラダールが岡田隆大使と会談した際に要請があったと述べた。 日本は、米国が軍を撤退させる準備をしていたため、タリバンが国を効果的に支配した日である8月15日に、カブールにある大使館を一時的に閉鎖した。

日本は大使館職員をアフガニスタンから避難させ、外交活動をカタールの首都ドーハに移した。

タリバーン首相はまた、火曜日に別の副首相であるアブドゥル・カビール氏と会談した際、安全が確保されれば大使館を再開するという東京の意向を伝えたと述べた。

日本の外務省の高官は、政府は地元の人員だけで大使館の機能を再開するオプションを検討しているが、再開のタイミングは「他の国と調整されるべきである」と述べた。

東京はこれまでこの問題について公式に言及しておらず、松野官房長官は木曜日に東京で行われた記者会見で、「現時点では具体的な計画はない」と述べた。

日本政府がタリバン政権を認めるかどうかについては、松野氏はアフガニスタンの状況は「流動的である」と述べ、コメントを控えた。

日本の外務省は木曜日、岡田氏が日曜日からカブールへの4日間の旅行に出て、バラダールを含むタリバーンの高官と会談したと発表した。 …読み続けます







タリバンは日本の使節にアフガニスタンの大使館を再開するように頼む

Source#タリバンは日本の使節にアフガニスタンの大使館を再開するように頼む

Leave a Comment