ソニーはスポーツアニメ購入でメタバースゴールドを狙う

東京11 月 23 日 (日経) – ソニーは、エンターテインメント ビジネスの新たな柱として、映画、音楽、ゲームにスポーツを加えることを目指しており、メタバース向けの 3D コンテンツの作成を支援するテクノロジー企業を買収しています。

日本企業は最近、3D アニメーションを使用して実際のスポーツ ゲーム コンテンツや試合データを制作することを専門とするオランダのスタートアップ企業 Beyond Sports の発行済株式をすべて取得しました。 買収価格は明らかにされていませんが、50億から100億円(3536万ドルから7072万ドル)の範囲と考えられています。

ソニーによる Beyond Sports の買収は、スポーツ イベントでボールの動きを追跡するカメラ システムを開発する、英国を拠点とする Hawk-Eye Innovations を通じて管理されました。 ホークアイは2011年にソニーに買収されました。

Hawk-Eye テクノロジーは、スポーツの世界にとってかけがえのないものになりました。 同社のカメラ システムは、90 か国以上で毎年 20,000 以上のゲームやスポーツの試合で使用されています。 …読み続けます


事業ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

ソニーはスポーツアニメ購入でメタバースゴールドを狙う

Source#ソニーはスポーツアニメ購入でメタバースゴールドを狙う

Leave a Comment