ソニーがリモートワーク向けの最新のロボット工学を発表

ソニーグループは、工場や店舗で使用するための最新のロボット技術やその他の技術を発表しました。

アイデアは、コロナウイルスのパンデミックに対処するためのリモートコントロールシステムのニーズを満たすことです。

ロボットには、物体までの距離とその表面の状態を検出できるセンサーがあります。

従来のロボットでは、事前に物体の形状や重量などのデータを入力する必要があります。

新しいモデルは、センサーから受け取った情報に基づいて、グリップを即座に調整できます。

つまり、ロボットは花やパステルなどの柔らかくて繊細なアイテムをつかむことができます。 これは、店舗のディスプレイ用のアイテムを整理するのに役立ちます。

ソニーはすでにスマートフォンカメラ用センサーの開発者です。 このテクノロジーを最新のロボットに適用したいと考えています。 それは、パンデミックが続くにつれて、リモートで作業する新しい方法につながる可能性があります。







ソニーがリモートワーク向けの最新のロボット工学を発表

Source#ソニーがリモートワーク向けの最新のロボット工学を発表

Leave a Comment