セットプレーは日本をウルグアイに34-15で勝利させる

テストデビューの古賀根塚は土曜日に日本に即座に影響を与え、ウルグアイに対するブレイブブロッサムの34-15の勝利でオープニングトライを記録しました。

後任の日野剛志は、ジェイミー・ジョセフの側に遅いブレースを追加しました。その正確なセットプレーは、秩父宮ラグビーグラウンドでの違いを証明しました。

2023年のラグビーワールドカップが1年余り離れたところで、日本のヘッドコーチであるジョセフとウルグアイのカウンターパートであるエステバンメネセスは、フランスでのトーナメントの潜在的なチームメンバーを評価するために衝突を利用しました。

日本の先発でキャップのない4人の選手の1人であるネズカは、10分に初の国際試合に出場しました。

古賀根塚は、2022年6月18日に東京の秩父宮ラグビー場で行われたウルグアイとのラグビーテストマッチの前半で、日本での開幕戦を決めました。(京道)==京堂

鋭いラインアウトが5つのポインターにつながり、ホストはクイックボールをリサイクルしてオーバーラップを作成し、スピアーズ船橋東京湾のウィンガーを遠くの隅に送りました。

「少し緊張しましたが、田村(ゆう)さんたちが先導してくれたので、落ち着くことができました」と23歳の根塚さん。

田村はコンバージョンを逃したが、ウルグアイのフランカー、ルーカス・ビアンキのイエローカードを受けて、18分のペナルティキックで8-0となった。 ホストの一人であるフルバックの尾崎誠也も罪を犯される前に、ホストは男のアドバンテージを利用する機会がほとんどありませんでした。

ウルグアイは後半後半に勢いを増し、ブレイブブロッサムが必死にゴールラインを守っている間にペナルティを科された後、35分にフェリペエチェベリのブーツから3ポイントを取ることを選択しました。

日本の田村優は、2022年6月18日に東京の秩父宮ラグビー場で行われたウルグアイとのラグビーテストマッチの前半にペナルティを科しました。(京堂)==京堂

日本はハーフタイムのストロークで別のよく実行されたラインアウトを2回目のトライで得点した後、15-3でリードし、No。8テビタタタフがラインを破って疾走しました。

山本博樹はダミーでラインを破り、堀越浩介の44分のトライを設定しました。田村の回心により、ディエゴ・マグノが南アメリカ人の最初の5ポインターを獲得する前に、日本は22-3になりました。

日野は、フッカーで堀越を交代させた後、ブレイブブロッサムにエネルギーを注入した。

大戸裕矢がボールをライン上にこぼしたとき、日本はある種の試みを浪費したが、63分に日野がローリングモールからクロスしたため、別の教科書のラインアウトが4番目の瞬間につながった。

日本のラインアウトはまた、32歳の日野が72分に彼のブレースのために行くための道を開いた。

田村氏によると、テストの準備期間が短かったにもかかわらず、新参者は比較的シームレスに参加したという。

「多くの選手が最初のテストを行っていた(そして)幸せなことがたくさんあった。最後までうまく戦った」とベテランのスタンドオフは語った。 「キャンプは2週間しかありませんでしたが、それから今までは著しく改善しました。」

ジョセフは彼のチームのセットプレーの実行を称賛したが、ウルグアイが次の土曜日の西南日本北九州での2回目のテストでブレイブブロッサムにすべてを投げることを期待していると述べた。

「私たちのフォワードパックは今日特にうまくいった。特にセットプレーで、彼らがゲームに落ち着くとき、彼らはいくつかの本当の可能性を持っていることを示した」とジョセフは言った。

「それは非常に物理的な試合でした…来週はさらに大きな挑戦になるでしょう。」


関連する報道:

ラグビー:フッカー堀江がウルグアイ、フランスのテストに先立って日本に戻った

チャリティーマッチで展示されているトンガとの日本の深いラグビーの絆

ラグビー:デクラークがワールドカップで優勝した最新のスプリングボックが日本に向かう


。セットプレーは日本をウルグアイに34-15で勝利させる
Source#セットプレーは日本をウルグアイに3415で勝利させる

Leave a Comment