スリランカ人家族、被拘禁者の死について日本のパネルレビューを求める

昨年、名古屋の入国管理センターに拘留中に死亡したスリランカ人女性の姉妹は、月曜日、司法委員会に訴状を提出し、この事件で起訴しないという検察官の決定の見直しを求めた.

この動きは、2021年3月6日にラトナヤケ・リヤナゲ・ウィシュマ・サンダマリが死亡したことをめぐって、名古屋地検が6月に当時の所長を含む施設の13人の警官を起訴しないことを決定した後に行われた.

2020年にビザの期限を超えて滞在したとして拘留されたウィシュマは、嘔吐や腹痛などの体調不良を約1か月訴えた後、死亡しました。

Ratnayake Liyanage Wishma Sandamali の妹 Poornima は、2022 年 8 月 8 日、名古屋の検察審査委員会に訴状を提出するために、Wishma の写真を持っています。 (共同)


関連記事:

死亡したスリランカ人被拘禁者の家族が司法委員会の再審請求を要請

スリランカ人女性の死亡事件で日本の当局者に対する起訴が取り下げられた


ワヨミさん(29 歳)とプールニマさん(28 歳)は、名古屋出入国在留管理局の職員が適切な世話をしていれば、ウィシュマさんが 33 歳で亡くなったことは明らかだったと語っています。

彼らは、検察官の決定を審査する任務を負っている市民の独立したパネルである検察審問委員会に、事件を再評価するよう求め、当局者は刑事責任を問われるべきだと述べた.

検察は、死因について結論を出すことはできず、彼女が受けた治療と彼女の死との因果関係を確立することもできないと述べた.

彼らはまた、センターがウィシュマに適切な食事と健康管理を提供できなかったという主張を受け入れることができないと述べた.

彼女の死は、当時の彼女の扱いに対する国民の怒りを引き起こし、政府は数か月後、亡命希望者を含む国外追放に直面している外国人に関する規則を改正する法案を取り下げることを余儀なくされた。

ウィシュマは2017年に学生として日本に到着しましたが、2020年8月に入国管理施設で、以前の亡命申請が拒否された後、ビザを超えて滞在したとして拘留されました. 彼女の家族は、2021 年 11 月に検察に告訴しました。

.スリランカ人家族、被拘禁者の死について日本のパネルレビューを求める
Source#スリランカ人家族被拘禁者の死について日本のパネルレビューを求める

Leave a Comment