スタッフに対する暴力で告発された日本人監督河瀨直美

日本の作家でカンヌのお気に入りの河瀨直美は、従業員の顔を腫れさせた暴行を含む、彼女のスタッフと乗組員に対する暴力的な行動で告発されました。

2019年5月、朝が来るのセットで、助監督が川瀬に触れて、ショットに問題があることを指摘しました。 接触が不適切だったという示唆はないが、川瀬は「あなたは何をしていると思いますか?」と叫んだと伝えられています。 助監督で彼をお腹の中で蹴った。

月永雄太率いるシネマトグラフィーチーム全員が事件後、撮影を辞任した。 東京を拠点とする週刊文春の週刊文春がその話を破った後、川瀬氏は自社のウェブサイトで問題は社内で解決されたと語った。

しかし、同誌は、2015年10月に川瀬が奈良市にある彼女の制作会社久美江の事務所の職員を襲撃した事件について書いた。 受賞歴のある監督は男性従業員を殴り、彼を地面に叩きつけ、他のスタッフが恐れてオフィスから逃げる間、彼を殴り続けました。

スタッフが戻ったとき、犠牲者の顔は目に見えて腫れていました。 すぐに辞任した従業員は、週刊文春に暴行があったことを確認したが、公にコメントしたくないと述べた。


社会のページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

スタッフに対する暴力で告発された日本人監督河瀨直美
Source#スタッフに対する暴力で告発された日本人監督河瀨直美

Leave a Comment