ジャパンインクがCOVIDに取り組む

日本企業は、COVID-19 の記録的な波と戦うため、一時的にオフィスを閉鎖したり、生産を停止したりしており、これまでほとんどの先進国よりもパンデミックをうまく乗り切ってきた国のビジネスを混乱させています。

自動車メーカーのトヨタ自動車とダイハツは先週、従業員の感染により生産ラインのシフトを停止しました。 KFC Holdings Japan Ltdは、いくつかのファーストフード店を閉鎖し、ギャップを埋めるためにスタッフを移動させなければなりませんでした.

世界中で優勢なBA.4およびBA.5の亜種の影響が完全に顕在化しているため、日本のCOVID症例数は他国の症例数を上回っています。 世界保健機関のデータによると、日本では過去 1 週間で 140 万件以上の新しい COVID 症例が発生しました。

企業は対応に追われています。

「食事の時間をいくつかの時間枠に分け、従業員に一方向に座り、まったく話さないように指示しました」と、スバルの CFO、水間克行氏は最近記者団に語り、自動車メーカーが感染症や業務停止を回避しようとしている方法を説明しました。 . .

新たに診断されたCOVIDの症例は、水曜日に日本で史上最高の約25万人に達しました。 入院と死亡も増加していますが、予防接種とブースターショットの普及により、以前の波ほど劇的ではありません.

日本はCOVIDへの対応においてうらやましい記録を持っており、他の場所でのパンデミックに伴う破壊的なロックダウンと大きな死者数を回避しています。

人口 1 億 2,580 万人のこの国では 3 万 2,000 人以上が死亡しており、これは米国や英国の数分の 1 です。

今回のアウトブレイクは、特に現在感じられている混乱が悪化するか、長期間続く場合、「コロナと共生」し、経済的影響を制限することを目的とした柔軟な対応を維持できるかどうかを示す可能性があります。 …読み続けて


ビジネスページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

ジャパンインクがCOVIDに取り組む
Source#ジャパンインクがCOVIDに取り組む

Leave a Comment