ジャイアントパンダのカブフヒンが日本南西部で1歳の誕生日を祝う

©新華社提供

ジャイアントパンダのカブフヒンは、和歌山県南西部の白浜市にあるアドベンチャーワールド遊園地で1歳の誕生日を迎えました。

東京、11月24日(新華社)-和歌山県南西部の白浜温泉街は、白い砂浜だけでなく、アドベンチャーワールドの地元の遊園地に住む特別な動物の家族でも有名です-中国の巨大なパンダ。

ジャイアントパンダは、中国と日本の間の人と人との交流を強化し、希少動物の保護と研究においても独特の役割を果たしています。

ワールドオブアドベンチャーズは、月曜日にジャイアントパンダファミリーの最年少メンバーであるフーヒンの誕生日パーティーを開催しました。

スタッフが装飾を施し、フヒンにバースデーギフトを配りました。カエデの葉の形をした地元の木と角氷で作られた「ハッピーバースデー」ブロックと数字の「1」です。

©新華社提供

公園によると、「ふひん」という名前は、パンダの赤ちゃんが秋のカエデのように美しく、人々の愛情と思いやりの中で幸せに育つことを願っています。

月曜日の現地時間午前9時に、1歳のフーヒンが遊び場に連れて行かれました。 彼は贈り物を歩き回り、ブロックを嗅いで触れました。 彼女は好奇心に満ちていて、ついにブロックを押し下げました。

公園はフーヒンの誕生日パーティーをオンラインでストリーミングし、多くのパンダファンを魅了しました。 公園はまた、小さな生き物の成長に対する喜びを分かち合うために、訪問者に2,000枚のFuhin写真フォルダーとパンフレットを配布しました。

中国のジャイアントパンダは世界中の人々に愛されています。 昨年、COVID-19のパンデミックの最中にフヒンが生まれたとき、中国外務省のスポークスマンは、彼女が日本人に幸せをもたらし、日中の友情の証人になることを願って特別なメッセージを送りました。

©新華社提供

大阪の中国総領事館XueJianは、Fuhinの最初の誕生日パーティーに出席し、駐日中国大使の孔鉉佑が書いた「親善大使」カードを公園に提示しました。人々。 人と人との交流。

1972年、ジャイアントパンダのカップル、カンカンとランランが日本に到着し、日本で熱狂を解き放ちました。 ほぼ50年経った今でも、ジャイアントパンダに対する日本の人々の魅力は続いています。 月曜日の土砂降りは人々の熱意に影響を与えませんでした。 朝、公園が開くとすぐに、ジャイアントパンダのパビリオンの前に長い列ができました。 街中のさまざまな場所でジャイアントパンダの画像を見ることができます。

アドベンチャーワールドパークで異なる時期に生まれた17匹のパンダの子は、名前に「ヒン」が付いています。 彼らは海外で飼育されているジャイアントパンダの最大の人口を表しています。 ここで生まれた11頭のパンダは、契約で合意されたとおり、中国に送り返されました。 公園は、この成果は、中国の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地との27年間の国際的な研究協力によって可能になったと述べた。

©新華社提供

2020年にフーヒンが生まれたとき、成都研究拠点の研究者は、COVID-19パンデミックのために日本に旅行することができませんでした。 この状況により、フヒンは公園の日本人スタッフによって独立して引き渡された最初のジャイアントパンダの子になりました。

ふひんは出生時の157グラムから28キログラムに成長し、地元のパンダファンは誕生日パーティーでふわふわのカブが母親の腕に寄り添うのを見て喜んでいます。

公園の園長である今津浩二氏によると、昨年のフーヒンの誕生に向けて、成都の研究者からの指示を受けたり、オンラインでリアルタイムに情報を交換してアドバイスを求めたりするなど、インターネットを介して細心の注意を払った。

。ジャイアントパンダのカブフヒンが日本南西部で1歳の誕生日を祝う

Source#ジャイアントパンダのカブフヒンが日本南西部で1歳の誕生日を祝う

Leave a Comment