ジェフリー・エプスタインの元アソシエイトである伊藤穰一が政府のデジタルエージェンシーの責任者を務める-TokyoReporter

東京(TR)-日本政府は、物議を醸している国際的なビジネスマン、伊藤穰一(55)を来月発足するデジタルエージェンシーのディレクターに任命することを最終決定しているとテレビ朝日(8月5日)が報じている。

デジタルエージェンシーは、国のデジタル改革を担当する菅義偉首相の政治的イニシアチブです。

国内外で多くのIT関連企業の立ち上げに携わってきた伊藤が、9月1日の部門発足後、最高デジタル責任者に就任する。

「彼は国際的な知識と経験をその地位にもたらすことが期待されている」とネットワークは政府当局者が言ったと述べた。

伊藤穰一(ツイッター)

また、不要な注意を引く可能性もあります。

伊藤は2011年にMITメディアラボのディレクターに就任したが、自殺前に有罪判決を受けた性犯罪者で少女の人身売買容疑者であるジェフリー・エプスタインからの資金提供を受け入れたことが明らかになったため、2019年に辞任した。

ジェフリー・エプスタインの元アソシエイトである伊藤穰一が政府のデジタルエージェンシーの責任者を務める-TokyoReporter

Source#ジェフリーエプスタインの元アソシエイトである伊藤穰一が政府のデジタルエージェンシーの責任者を務めるTokyoReporter

Leave a Comment