サーファー五十嵐カノア、五輪金メダルを目指して大波に挑む

日本のオリンピック サーフィン銀メダリストである五十嵐カノアは、2024 年パリ大会がフランス領ポリネシアのビッグウェーブで開催されるとき、金メダルに挑戦する準備ができていると述べています。

昨年の東京オリンピックでは、日本のサーファーが慣れ親しんでいる小さな波のためにサーフ会場が選ばれたのとはまったく対照的に、パリの大会は浅いサンゴ礁と大きな波を持つタヒチのチョプーで開催されます.

しかし、カリフォルニアで育った 25 歳の五十嵐は、10 年前に初めてサーフィンした象徴的なブレイクに自信を持っていると語った。

「初めて行ったときはとても怖かったです。1週間滞在しましたが、波を数回しかキャッチできませんでした」と五十嵐は最近のインタビューで共同通信に語った。

「でも…そういう波に乗ることが自分の強みになると自分に約束しました。それはプロジェクトになりました。ほとんどの場合、困難でした…しかし、ここ数年で、はるかに快適だと感じています。あそこに乗れるようになったので自信がつきました。」

タヒチ沖の波は、サーファーが 2021 年にオリンピックで初めて波に乗ったときに五十嵐が感じた気持ちの象徴です。

2022年10月26日、東京五輪サーフィン銀メダリスト五十嵐カノアが東京でインタビュー。(共同)==共同

「オリンピックは力強い経験でした」と彼は言いました。 「これほどのインパクトがあるとは想像もしていませんでした。 ただのスポーツイベントではないことに気づきました。」

「サーフィンがいかに素晴らしいかを示す機会を得られたことを誇りに思い、嬉しく思いました。また、パリを楽しみにしています。」

9 月には、故郷のカリフォルニア州ハンティントン ビーチで開催されたワールド サーフィン ゲームズで個人初の金メダルを獲得し、日本が男子チーム イベントで優勝するのに貢献しました。

この結果、日本は予選通過で初めてパリ五輪に出場した。 フランスは自動的に開催国に選ばれました。

2022 年 9 月 24 日にカリフォルニア州ハンティントン ビーチで開催されたワールド サーフィン ゲームズで、男子シングルスの決勝戦で優勝を目指す五十嵐カノア。

「特別な瞬間だった」と五十嵐は語った。 「勝ったときは、パリへのスタートラインに立っているような気がした」

五十嵐は、大会を観戦するために早起きするファンと特別なつながりを感じており、プロのチャンピオンシップ ツアーでの成功と、8 月のプロ イベントで 5 位になったタヒチでのオリンピックで金メダルを獲得できることを望んでいると語った。

「今年は非常に重要な大会で好成績を収め、パリに向けて正しい道を進んでいると感じた」と語った。 「今後2年間、集中してオリンピックに向けて戦い、ワールドツアーのチャンピオンになる。


関連記事:

サーフィン: 五十嵐カノアが男子チームの勝利で日本の五輪出場権獲得に貢献


サーファー五十嵐カノア、五輪金メダルを目指して大波に挑む

Source#サーファー五十嵐カノア五輪金メダルを目指して大波に挑む

Leave a Comment