サントリーが日本の最新のインフレ味で清涼飲料の価格を引き上げる

日本の清涼飲料のトップセラーの1つであるサントリービバレッジアンドフードは、より高いコストに圧迫された業界でライバルを追いかけると予想される動きで、これまでで最も広範囲の値上げを提供します。

東京を拠点とする同社は月曜日、天水天然水、クラフトボスコーヒー、サントリーウーロン茶など、最も人気のある165種類のボトル入り飲料の希望小売価格を10月から20円(15セント)引き上げると発表した。 1.これは、製品に応じて6%から20%の引き上げに相当します。

この動きは、商品の上昇、サプライチェーンのトラブル、そしてデフレに長い間慣れている国の円安が相まって、日本で買い物客が食べ物や飲み物について見る最新の値上げです。

東京を拠点とする市場調査会社InryouSoukenのアナリストは、「コストは全面的に急上昇しているため、さまざまな製品サイズや販売チャネルでできるだけ早く価格を上げたいと考えている」と語った。 「他の企業もサントリーの足跡をたどることは間違いありません。」

サントリーは、小売店で販売される飲料の市場シェアが日本で最大です。 値上げは、小売店、自動販売機、その他のさまざまな販売チャネルを通じて販売される飲料に適用されます。

水や茶用がありです。清水ありは、「天然水」「伊右衛門」と、2リットルから280ミリリットルボトルのプールや定紙製品165飲料です。 20円づ、自動販売機で160円の商品は180円になります。-ANNnewsCH







サントリーが日本の最新のインフレ味で清涼飲料の価格を引き上げる
Source#サントリーが日本の最新のインフレ味で清涼飲料の価格を引き上げる

Leave a Comment