ゴッホの絵を巡ってユダヤ人家族が日本企業を提訴

©ラヴィング・ヴィンセント

ユダヤ人の家族が東京に本拠を置く保険会社を訴えている。 前述のユダヤ人家族は、ベルリンを拠点とする銀行家パウル・フォン・メンデルスゾーン・バルトルディの相続人および子孫を代表しています。 一般に、銀行家は 1930 年代半ばに膨大な美術コレクションを売却しましたが、これはナチスの脅威の高まりに直面してのことでした。

ユダヤ人の家族がシカゴで訴訟を起こし、所有権の返還を求める

ユダヤ人の家族
ゴッホのひまわりの写真を撮る男性の写真

バートルディの財産は、ゴッホの絵画「ひまわり」(1888) の所有を求めて、シカゴ連邦裁判所に訴訟を起こしました。 また、現所有者から損害賠償を徴収するため。 絵画の現在の所有者は SOMPO ホールディングス株式会社です。原告は、ジュリアス H. シェープス、ブリット マリー エンホールニング、フローレンス フォン ケッセルシュタットです。

現在は社名が変わっていますが、当時は安田火災海上保険株式会社でした。 明らかに、同社は 1987 年にロンドンのクリスティーズでこの絵を合法的に取得しました。 クリスティーズは、当時の記録的な価格である 2,500 万ポンド (4,000 万ドル) でこの絵を売却しました。 しかし、原告は現在、アートワークを購入することにより、会社はその歴史的背景を無視したと主張している.

ひまわりゴッホ
ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ作のひまわり、1888年、ナショナル・ギャラリー経由、ロンドン

エステートは、2022 年 12 月 13 日に、イリノイ州北部地区連邦地方裁判所に訴訟を起こしました。 彼らは、「安田氏は、故意ではないにしても、無謀にもクリスティーズが発行したひまわりの出所を無視した. 有名なベルリンのユダヤ人銀行家であり、著名なナチスの犠牲者であるパウル フォン メンデルスゾーン バルトルディは、1934 年にベルリンでこの絵を売却しました。

受信トレイで最新の記事を受け取る

無料の週刊ニュースレターを購読する

訴状は次のように続けている。 これには、メンデルスゾーン・バルトルディと、ドイツのユダヤ人人口に大混乱をもたらすことも含まれます。」

7億5000万ドルの返品または補償

ユダヤ人の家族
東京の損保美術館の入り口。 SOMPO美術館提供。

ゴッホ美術館への安田美術館は、将来の展覧会のためにひまわりの貸し出しについて話し合った。 「私たちは私たちのことを深く懸念しています [Van] ゴッホとゴーギャンの来歴」と日本企業の美術館管理者はメッセージに書いた。 「私たちの2つの作品は、ナチスによって略奪された芸術とは何の関係もないと信じていますが、100%確実ではありません。」

相続人は、絵画の所有権を彼らに譲渡するよう求めます。 しかし、それが不可能な場合、彼らは 7 億 5000 万ドルの損害賠償を要求しています。 彼らは、この金額がアートワークの現在の市場価値に等しいと言いました. しかし、「SOMPO は不正行為の申し立てを断固として拒否し、ひまわりの所有権を積極的に擁護するつもりです。」

「安田火災海上保険会社が、1987 年にロンドンで開催されたクリスティーズの公開オークションで、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホのひまわりを購入したことは周知の事実です」と同社の従業員は付け加えました。

著者のイメージ

にとって アンジェラ・ダヴィックニュース、発見、詳細なレポートと分析アンジェラはベオグラードの政治学部のジャーナリズムの学生であり、プラハで勉強を続けるための奨学金を受けました。 彼女は DANAS 新聞でのインターンシップを完了し、Talas のエグゼクティブ エディターとして働いていました。

ゴッホの絵を巡ってユダヤ人家族が日本企業を提訴

Source#ゴッホの絵を巡ってユダヤ人家族が日本企業を提訴

Leave a Comment