コカイン密輸容疑で起訴された女性

東京の警察は、成田空港で約2キログラムのコカイン(4000万円相当)を日本に密輸しようとした後、覚醒剤規制法に違反した疑いで59歳の女性を起訴しました。

練馬区の企業幹部である宮内晴美容疑者が児童書に麻薬を隠したと警察は伝えた。 彼女は4月15日の手荷物検査中にコカインが発見された後に逮捕されました。

税関職員と警察の報告によると、宮内はアラブ首長国連邦(UAE)をエチオピア経由で出発した後、成田空港に着陸した。 手荷物検査の際、税関職員は、裏表紙と表紙が1センチの厚さで膨らんでいる2冊の子供向けの本を見つけました。 その時、彼らは中に隠されたコカインを発見しました。

コカイン約2キロをにちて飛行機で密ししとししてて、50代の会社継続の女が行捕さしししたた。千葉県の成田空港にコカイン約2キロを失ししとたたたたた私ます。成田税関します。成田税関します。税関検査で文字を見しません。-ANNnewsCH







コカイン密輸容疑で起訴された女性
Source#コカイン密輸容疑で起訴された女性

Leave a Comment