コはCMEグループツアーC’shipで畑岡奈紗にワンショット勝利を主張

韓国のコ・ジンヨンは最終ラウンドで63を放ち、23を撃ち、日曜日のシーズン終了のCMEグループツアー選手権で優勝しました。日本の畑岡奈紗は2位で遅れを取りました。

コはリッツカールトンゴルフリゾートのティブロンゴルフクラブで9つのバーディーを作り、ボギーを作らず、ナポリに150万ドルの給料を残しました。これは、女性のゴルフで最大で、LPGAロレックスプレーヤーオブザイヤーの称号です。

韓国のコ・ジンヨン(中央)は、フロリダ州ネープルズのティブロンゴルフクラブで2021年11月21日にポイントに基づいてシーズン終了のCMEグループツアーチャンピオンシップを獲得し、LPGAプレーヤーオブザイヤーのタイトルを獲得した後、仲間のゴルファーに祝福されています。 。 (共同通信)==共同通信

世界一の選手であるアメリカのネリー・コルダ、フランスのセリーヌ・ブティエとの4ウェイリードでラウンドをスタートさせた畑岡奈紗は、コを限界まで押し上げた。 しかし、彼のバーディーバーディーフィニッシュは、コのタイトルを否定するのに十分ではありませんでした。

韓国のゴルファー、コ・ジンヨンは、フロリダ州ネープルズのティブロンゴルフクラブで2021年11月21日にシーズン終了のCMEグループツアーチャンピオンシップで優勝し、ポイントベースのLPGAプレーヤーオブザイヤーのタイトルを獲得した後、トロフィーで祝います。 (共同通信)==共同通信

「負けたけど、試合には満足している。後悔しているのは、6回目のボギーだけだ」と、最終ラウンドでコとコルダに加わった22歳の畑岡奈紗は語った。

「最終日のサーキットで2人のメインプレーヤーと一緒にティーでプレーするのは素晴らしい経験でした」と彼女は言いました。

畑岡奈紗の8アンダー64は9バーディーと1ボギー。

日本の畑岡奈紗は、2021年11月21日にフロリダ州ネープルズのティブロンゴルフクラブで開催されたCMEグループツアー選手権のシーズン終了最終ラウンドで、3番ホールでセカンドショットを打ちました。(京堂)==京戸


関連する報道:

石川遼は検疫違反で捕まった後、プロゴルフの重要なポジションを離れる

ゴルフ:全米女子オープンチャンピオンの笹生優香が日本国籍を選択

ゴルフ:日本の松山英樹が日本初のPGAタイトルであるZozoC’shipを獲得


。コはCMEグループツアーC’shipで畑岡奈紗にワンショット勝利を主張

Source#コはCMEグループツアーCshipで畑岡奈紗にワンショット勝利を主張

Leave a Comment