ギャラクシーは大阪でマカオMICEの開発を推進

ギャラクシーエンターテインメントグループは、ギャラクシーマカオフェーズ3開発の一環として、ギャラクシーインターナショナルコンベンションセンター(GICC)とギャラクシーアリーナの立ち上げを含め、グローバルなMICE機能を推進することにより、日本での赤外線の野心を強化しようとしています。

MICEは、水曜日に大阪でギャラクシーが開催した記者会見で重要なトピックであり、「2021年前半にマカオでオープンしたアジアで最も象徴的で先進的な統合MICEの目的地」としてGICCを紹介しました。

「新しい訪問者を引き付け、経済を多様化し、マカオを観光とレジャーの世界センターに変えるというマカオ政府のビジョンを補完するために、最先端のMICEとアリーナ施設を紹介できることを光栄に思います」と大統領は述べました。 GEGのLuiCheWoo博士。 イベントで配布されたプレスキットに書かれているように。

ギャラクシーアリーナのレンダリング

GICCは、10,000平方メートルの会議および展示ホールを含む40,000平方メートルのMICEスペースをカバーします。 また、コンサートやスポーツイベントのために16,000席のギャラクシーアリーナを開催します。

10,000平方メートルの展示ホールは柱がないことで際立っていますが、他のスペースには基調講演、式典、パフォーマンス、製品発表のために650人のゲストを収容できる講堂が含まれます。 2,400名収容可能な宴会場。 3つの分割可能なスペースで構成される4,000平方メートルの会議室。 1,000名以上のゲストを収容できるボールルーム。 さまざまなダイニングオプションと700室以上の豪華なライフスタイルホテル。

ギャラクシーは大阪でマカオMICEの開発を推進

Source#ギャラクシーは大阪でマカオMICEの開発を推進

Leave a Comment