オールブラックス戦初勝利を狙う日本、坂手篤志がリード

フッカーの坂手淳史は、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチのチームで、今週末のオールブラックス戦でブレイブ・ブロッサムズのキャプテンとして日本を前線からリードすることを木曜に発表した.

日本はニュージーランドとの最初の 6 試合で負けており、ジョセフのチームが秋のテストシリーズを開始する東京国立競技場で土曜日にその連勝を終わらせることを望んでいます.

日本ラグビーフットボール協会によると、坂手は31回目の勝利を目指しており、最前列には稲垣啓太とグ・ジウォン、2列目にはワーナー・ディアンズとジャック・コーネルセンが並ぶ。 75キャップの元キャプテン、マイケル・リーチと姫野一樹は、124kgのNo.8テビタ・タタフと共に彼らの後ろに落ちる.

2022年10月8日、南西日本、福岡のベスト電器スタジアムで行われたオーストラリアAとの3試合ノーテストシリーズの第2試合で、日本の坂手淳志選手(左)が攻撃に出る.(共同)


関連記事:

ラグビー: オールブラックス vs. 日本

日本はオーストラリアの第2チームとの最後の試合に勝つことができました


ジョセフは、スクラムハーフに流豊、フライハーフに山澤拓也を選んだ。 中村諒斗はインサイド センターでスタートし、ディラン ライリーはアウトサイドでスタートします。 シオサイア・フィフィタと松島幸太郎がウイング、山中良平がサイドバックを務める。

ジョセフは、今月のオーストラリア A に対する彼の日本 XV チームの 3 試合は、ヨーロッパでイングランドとフランスと対戦する秋のテストに先立って、いくつかの懸念を示していると語った。

ジョセフはJRFUのウェブサイトで、「オーストラリアA戦で、プレッシャーがかかってきたときに一貫性を保つ必要があることを学んだ. 「前の試合で、我々は20ポイントを上げていたが、いくつかの精神的な過ちを経て、彼らが試合に復帰することを許し、我々に本当のプレッシャーを与えた。」

2022年10月27日、オンライン記者会見で話すジェイミー・ジョセフ・ラグビー日本代表ヘッドコーチ。(共同)

「今週は、試合の難しい部分で、非常に経験豊富で非常に有能な選手を確保する必要があります。」

ジョセフは自分の銀行のために、経験と約束の組み合わせを選びました。

5キャップのフッカー日野武は、6キャップの代用プロップCraig Millarと、この夏のウルグアイ戦でテストデビューを果たした24歳の竹内修平に加わる。 下川寛治は、オーストラリア A の 3 試合すべてに先発出場した後、最初のキャップでチャンスを獲得し、ファウルア マキシと一緒にバックライン カバーを提供します。

2019年11月1日、東京都調布市で開催されたラグビーワールドカップ銅メダルのウェールズ戦前にハカを披露するニュージーランドの選手(黒人)。 (経堂) == 経堂

エキサイティングな斎藤直人は、21歳のリザーブバック、リー・スンシンとゲルハルト・ファン・デン・ヒーファーに加わって、代わりのスクラムハーフとして指名された.

「オールブラックスはセットプレーでゲームをコントロールするのが好きなので、前線で私たちを支配しようとする非常に大規模で経験豊富なグループと対戦していることを知って、スクラムとラインアウトで多くの作業を行ってきました。」 ホセは言った。

「我々はそれを管理しなければならず、オーストラリアA戦で示したように、背中に質の高いボールを作ることができれば、質の高いトライも獲得できるだろう.」

ニュージーランドのコーチは、インサイド センターのロジャー トゥイバサ シェックとフルバックのスティーブン ペロフェタに、86 回目のテスト出場でフランカーのサム ケインがキャプテンを務めるオール ブラックスの最初のスタメンを手渡しました。

「このノーザン ツアーは大規模なものになるでしょう」とヘッドコーチのイアン フォスターは allblacks.com に語った。 「信じられないほど厳しい4つの試練が待ち受けているが、今回の日本戦は深刻な問題を投げかけるだろう」

オールブラックス戦初勝利を狙う日本、坂手篤志がリード

Source#オールブラックス戦初勝利を狙う日本坂手篤志がリード

Leave a Comment