オリンピックボクシングチャンピオンの入江は大学院でカエルへの情熱を追求する

東京大会の金メダリストである入江セナは、ボクシングのリングを実験室とフィールド調査のために交換することを決定し、そこで彼女はカエルとヒキガエルへの情熱を追求します.

五輪女子フェザー級王者は金曜日、東京農工大学大学院への入学を許可され、両生類を研究する予定であると語った.

入江さんは「不安だったが、今は本当にうれしい」と話した。

「私はヒキガエルが好きで、その生態を研究したいと思っています。一生懸命勉強して、それを広めたいと思っています。」

鳥取県出身の 21 歳の彼女は、来春、日本体育大学を卒業すると、手袋を完全に外すことになります。

入江は、昨夏の東京オリンピックでカエルの研究への愛情を明らかにし、オリンピックのボクシング表彰台に到達した最初の日本人女性になりました.

2021 年 8 月 3 日、国技館アリーナで行われた東京オリンピック女子フェザー級ボクシング決勝で、フィリピンのネスシー ペテシオを下した日本の入江星奈。 (経堂)

カエルの絵本は、東京の両国国技館での決勝戦でフィリピンのネスシー ペテシオに全会一致で勝利した後、ファンから受け取った贈り物の中にありました。

大学への飛躍を遂げる前に、入江は 11 月の全国選手権で最後にもう 1 回出場する予定です。

「最後までボクシングを頑張りたい」と話した。


関連記事:

オリンピック:日本の入江セナが東京で開催された女子フェザー級ボクシングで金メダルを獲得


.オリンピックボクシングチャンピオンの入江は大学院でカエルへの情熱を追求する
Source#オリンピックボクシングチャンピオンの入江は大学院でカエルへの情熱を追求する

Leave a Comment