オリンピックエースの山本がシーズン4回目のノーヒットノーランを放つ

日本の東京オリンピックのエース、山本由伸は土曜日に日本プロ野球で今年の4回目のノーヒッターと97回目を投げ、オリックス・バファローズを西武ライオンズに2-0のパシフィックリーグで勝利させた。

1943年以来、日本の1シーズンで4人のノーヒットノーランが投げられたのは初めてです。ライオンズは、1971年の前任者である西武ライオンズ以来、シーズンで2回ノーヒットノーランを達成した最初のチームになりました。

2021年に日本で最も印象的な先発投手として沢村栄治賞を受賞した山本(7-3)は、彼の宝石を完成させるために102球を必要とした。 彼は東京の外にある西武のベルーナドームで1人の打者を歩き、9人を打ちました。

オリックス・バファローズの山本由伸は、2022年6月18日に埼玉県ベルーナドームで行われたパシフィックリーグの試合中に西武ライオンズと対戦します。

「9回までこの驚くべき集中力を持っていたが、ピッチングをしていると興奮したので、とても嬉しかった」と山本は語った。

「チームは連敗を喫していましたが、何よりもまず、目の前の仕事にできる限り自分自身を適用することに焦点を当てていました。」

「最初から物事はうまくいきました、そして私はそれを決して失いませんでした。」

23歳の右利き選手は、日本のプロ野球で86人目のノーヒットノーランを放った。日本は、安打なしで走ることができる投手を数えない。

オリックス・バファローズの山本由伸は、2022年6月18日、埼玉県所沢市のベルーナドームで行われたパシフィックリーグの野球の試合で、西武ライオンズとのノーヒッターに向かう途中でピッチを投げる。 ==京堂

ライオンズは5月11日、福岡でソフトバンクホークスの東浜巨にノーヒットノーランを放った。

宗佑磨が紅林弘太郎で2塁打を放ち、水牛は平井克典(3-4)に対して1-0の5回リードを奪った。

ライオンズは日本ハムファイターズを3-1で下したロッテマリーンズと3位タイになり、ソフトバンクホークスは楽天イーグルスを3-1で下して1位になりました。

セントラルリーグの阪神タイガースは、DeNAベイスターズを4-1で下し、広島カープを10-6で下して3位に浮上しました。 2位の読売ジャイアンツは中日ドラゴンズに4-3で敗れ、ツバメに9ゲーム差をつけました。

==共同通信


関連する報道:

ロッテ投手佐々木朗希が日本16回目のパーフェクトゲームを放つ


。オリンピックエースの山本がシーズン4回目のノーヒットノーランを放つ
Source#オリンピックエースの山本がシーズン4回目のノーヒットノーランを放つ

Leave a Comment