オリックスが26年ぶりの日本シリーズ制覇

日本のパシフィック リーグ チャンピオンのオリックス バファローズは日曜日の第 7 戦でセ リーグ チャンピオンのヤクルト スワローズを 5 対 4 で下し、鈴木イチローとオリックス ブルーウェーブが 1996 で勝利して以来、フランチャイズ初の日本シリーズを獲得しました。

3 試合後に 2 対 0 で引き分けたバファローズは、4 連勝し、3 ランのゲーム 5 カムバックでそれぞれ 2 勝を挙げてシリーズを引き分け、その後も引きずることはなく、日曜日のスワローズの終盤のラリーを生き延びました。 . .

2022年10月30日、東京の神宮球場で行われたヤクルトスワローズとの第7戦で、オリックス・バファローズが第7戦で5-4の勝利を収め、日本シリーズの野球タイトルを獲得した後、中島聡監督が選手たちに投げ飛ばされた. (共同)

左利きのミヤギ ヒロヤは、第 3 戦で敗れた後、4 日間のオフに取り組んでいましたが、バファローズで先発し、東京の神宮球場での第 7 戦で大きな動きとトリックを行い、スワローズの打者をゲームから外しました。

彼は5イニングで3安打と四球を許し、5を奪った。

「彼(宮城)にとっては大変だったに違いないが、彼は私たちのために本当に良いピッチングをしてくれたことに感謝している」と、ブルーウェーブの1996年のチャンピオンチームの捕手であるオリックスの中島聡監督は語った.

太田亮が始球式でオリックスを出塁させ、サイ・スニードの低い速球をセンターに打ってリードオフ本塁打を放った。

「私たちは本当に先制点を取りたかったのですが、太田選手が始球式で信じられないほどそれを成し遂げたのです。それは私たちにとって重要でした」と中島は語った。 「私は彼をラインナップに入れ、最初に彼を打った.

試合は5回まで接戦のまま、捕手伏見虎井がシングルで先制した。 連続バント、宮城のラッキーバント、太田のビューティーバントが三塁ラインを下った。

スニードは一塁手ホセ・オスナへのゴロでの併殺で幸運な休憩をとったが、四球とヒットバッターで2-0になり、中堅手塩見康隆は杉本裕太郎のラインドライブを逃した。 スリーラン、スリーベースエラー。

オリックスがヤクルトを無得点に抑え、ゲーム2の同点打点で打点を記録したため、最初の数ランで2打点を打った杉本は、シリーズMVPに選ばれました。

「みんなで勝ち、みんなでNo.1になるのがモットーです」と杉本。

「ヤクルトはとても強いチームです。昨年は負けて苦い思いをしました。しかし、今回は彼らに立ち返ることができ、気分が良いです。」

大きなリードで、バファローズはブルペンに行き、新人宇田川祐希から2イニングを無得点で獲得した後、スワローズは8回目のオリックス三塁手山崎宗一郎投手で4ランを記録し、ホセオスナシリーズの2本塁打で3ランを記録しました。

サイドガードの比嘉基樹がイニングから出て、リードを維持した。

伏見はオリックスに二塁打を放ち、9回をリードしたが、大砂は打席で2塁走者を出して1ランゲームをキープした。

バファローズの第 5 戦を 6-4 で制したジェイコブ ワグスパックは、シリーズ 3 回目のセーブを 1-2-3 の 9 で記録しました。

2022年10月30日、東京・神宮球場で行われた日本シリーズ第7戦でヤクルトスワローズと対戦するオリックス・バファローズの宮城博也選手(共同)

2022年10月30日、東京・神宮球場で行われた日本シリーズ第7戦で、ヤクルトスワローズの村上宗隆がオリックス・バファローズ戦の2回にストライキでベンチに復帰した.(共同)

2022年10月30日、東京・神宮球場で行われた日本シリーズ第7戦で、オリックス・バファローズの杉本雄太郎投手が飛球を放った塩見泰孝選手(右)が5回に3人の走者に得点を許した.(木戸堂) )

オリックスが26年ぶりの日本シリーズ制覇

Source#オリックスが26年ぶりの日本シリーズ制覇

Leave a Comment