オミクロンの脅威によりグランプリファイナルがキャンセルされる

コロナウイルスのオミクロン変異体が出現したため、各分野で上位6ポイントを獲得したISUフィギュアスケートグランプリの決勝戦はキャンセルされると、この問題に詳しい情報筋は木曜日に語った。

グランプリファイナルは、世界選手権に次ぐ、スポーツ界で2番目に権威のある毎年恒例のイベントです。 今年は12月9日から11日まで大阪で開催され、2月の北京オリンピックの準備となる予定です。

NHK杯の優勝者である宇野昌磨(R)と坂本花織が、2021年11月14日に東京の国立代々木競技場で開催されたエキシビションガラの決勝戦に飛び込みます。(京堂)==京堂

2021年のグランプリシリーズの最終戦である先週のロシア杯の後に確立されたチャートには、3つの分野の5人の日本人スケーターがいました。ロシアは4つの分野すべてで合計11位を獲得しました。

男子は鍵山優真と宇野昌磨、女子は坂本花織が出場し、三浦璃と木原龍一がペアで6つのスポットのうちの1つを獲得した。 アイスダンスの資格を持つ日本人スケーターはいません。

2度のオリンピックチャンピオンである羽生結弦は、足首の負傷でグランプリシーズンを逃した。

昨年、コロナウイルスのパンデミックにより、北京グランプリの決勝戦もキャンセルされました。

日本政府は火曜日に、オミクロンの亜種が侵入するのを防ぐために厳格な国境管理を実施しました。


関連する報道:

フィギュアスケート:三浦と木原がペアで日本初の最終順位を獲得


。オミクロンの脅威によりグランプリファイナルがキャンセルされる

Source#オミクロンの脅威によりグランプリファイナルがキャンセルされる

Leave a Comment