オミクロンの恐怖が広がるにつれ、各国はCovidの渡航禁止令を強化

以前の菌株よりも伝染性が高い可能性があるため、南アフリカで最初に確認されたOmicron Covid-19変異体は、少なくとも12か国に広がり、いくつかの国で封じ込め措置を強化するよう促されました。 ライブアップデートについては、フランス24をフォローしてください。

世界保健機関(WHO)は、変異体の重症度のレベルを理解するのに「数日から数週間」かかる可能性があると警告し、オミクロンを「心配している変異体」と呼んだ。

オミクロンの亜種は、オーストラリア、ベルギー、ボツワナ、イギリス、カナダ、デンマーク、フランス、ドイツ、香港、イスラエル、イタリア、オランダで発見されています。

パリ時間午前8時:日本は外国人を禁止

日本は、オミクロンの亜種の拡散を防ぐために国境を外国人に閉鎖し、南アフリカでの亜種の発見以来、イスラエルと協力して最も厳しい国境管理のいくつかを課すと述べた。

岸田文雄首相は記者団に対し、日本は月曜日の深夜から外国人の入国を禁止し、特定の国から帰国した日本人は指定された施設で自己検疫を行わなければならない、と述べた。

「これらは、オミクロンの亜種に関するより明確な情報が得られるまで、セキュリティ上の理由から私たちが取っている一時的で例外的な措置です」と岸田は続けた。

「岸田政権は慎重すぎるとの批判に耐える覚悟だ」と語った。

これは、岸田新政権が外国人出張者の検疫措置を緩和し、経済を後押ししてからわずか数週間後のことです。

>>続きを読む:日本は外国人訪問者の禁止を復活させる

(AFPおよびロイターを搭載したフランス24)

France24に最初に投稿されました

。オミクロンの恐怖が広がるにつれ、各国はCovidの渡航禁止令を強化

Source#オミクロンの恐怖が広がるにつれ各国はCovidの渡航禁止令を強化

Leave a Comment