オミクロンに対する2つのより効果の低い線量

NHKは、日本の実験室試験で、コロナウイルスワクチンの2回の注射は、デルタ型よりもオミクロン型に対してはるかに効果が低いことを示しています。

北里大学の片山和彦教授が率いるチームは、完全にワクチン接種された12人の血液サンプルから採取した培養細胞の中和抗体のレベルを測定しました。

中和抗体はウイルスに対する防御として機能します。

6人はファイザーワクチンを2回注射され、残りはモダナワクチンを接種されました。

3か月前に2回目のファイザー注射を受けた人々から採取されたサンプルの抗体レベルは、デルタに対するレベルから平均して72パーセント低下しました。

3か月前に2回目のModerna注射を受けた人のサンプルのレベルは、平均で82%低下しました。

片山教授は、実験室での実験結果は、ワクチンがオミクロンに対して完全に効果がないことを意味するものではないと述べています。

完全にワクチン接種された人々に、感染に対する基本的な対策を継続するように依頼します。

海外で実施された研究はまた、既存のワクチンがオミクロンに対してはるかに効果が低いことを示唆しています。







オミクロンに対する2つのより効果の低い線量

Source#オミクロンに対する2つのより効果の低い線量

Leave a Comment