オミクロンによるアフリカ10カ国からの外国人の再入国を禁止する日本

政府は水曜日、コロナウイルスのオミクロン変異体に広範囲に感染している可能性が高いアフリカの10カ国のいずれかに最近行った長期ビザの居住者を含むすべての外国人の再入国を拒否すると発表した。

松野博一内閣官房長官は記者会見で、この措置は木曜日に発効し、「当面は」発効するだろうと語った。

再入国禁止の対象となる10か国は、アンゴラ、ボツワナ、エスワティニ、レソト、マラウイ、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、ザンビア、ジンバブエです。

火曜日にオミクロン亜種の最初の症例を確認した日本は、すでに世界中からの外国人からの新規参入を禁止している。

外国人の配偶者や日本人の子供、外交官、人道的事件などの「特別な事情」については免税が認められます。

しかし松野氏は、日本はオミクロンの変種を回避するための努力の一環としてそのような免除の資格を減らしており、政府資金による留学生や日本教育交流プログラムへの参加者を受け入れなくなると述べた。

世界保健機関はこの菌株を「懸念の変種」として分類し、ワクチンや以前の感染から得られた免疫を非常に伝染性または回避できる可能性があることを警告しています。

日本は、外国人の新規入国禁止に加えて、27の国と地域から帰国する日本人と外国人居住者に、2週間の検疫期間のうち最大10日間を政府指定の施設で過ごすことを義務付けています。

外務省によると、木曜日から、ナイジェリア、ポルトガル、スペイン、スウェーデンからの帰還者は、政府指定の施設に3日間滞在する必要があります。


関連する報道:

日本初のオミクロンバリアントケースが企業間の不安を再燃させる

日本はオミクロンバリアントの最初のケースを確認します

焦点:岸田首相は、日本がオミクロンとの国境を閉鎖する際にチャンスを逃す


。オミクロンによるアフリカ10カ国からの外国人の再入国を禁止する日本

Source#オミクロンによるアフリカ10カ国からの外国人の再入国を禁止する日本

Leave a Comment