オスプレイから沖縄の住居に金属製の水筒が落ちる

沖縄県の住宅敷地内で米海兵隊の航空機からステンレス製の水筒が落下したが、負傷者や物的損害の報告はなかった、と地方当局は水曜日に述べた。

日本の南島県宜野湾市の住居の正面玄関近くの飛行機から食堂が落ちた事件は火曜日に発生し、東京にワシントンに連絡して予防的安全対策を要求するよう促した。

2017年1月に撮影されたファイル写真は、沖縄の米海兵隊航空基地風天間から離陸する米軍オスプレイ機を示しています。 (共同通信)

松野博一官房長官は水曜日の記者会見で、「(このような事件が)地域の人々を心配しているので、それは起こるべきではなかった」と語った。

松野首相は、政府は米軍による迅速な情報交換と航空機の保安管理の全面的な実施を求めていると述べた。

米海兵隊は、火曜日の午後6時45分ごろ、宜野湾の米ふてんま空軍基地から離陸した際に、ティルトローター輸送機から落下したと説明し、何が起こったのかを調査する予定だと付け加えた。

地方自治体は、火曜日の夜に事件に関する情報を受け取り、水曜日に市庁舎近くの住宅街で長さ25センチ、幅13センチのボトルを発見したと述べた。

宜野湾の混雑した住宅地にある普天間飛行場空軍基地が治安上の懸念に見舞われたため、松野氏は、空軍基地の任務を名護の人口密度の低い沿岸地域に移管するという中央政府の姿勢を繰り返した。危険を排除するための「唯一の解決策」です。

米軍施設のほとんどが集まる沖縄県内の普天間飛行場の移転には、地元住民の強い反対があります。

。オスプレイから沖縄の住居に金属製の水筒が落ちる

Source#オスプレイから沖縄の住居に金属製の水筒が落ちる

Leave a Comment