エンゼルスの大谷翔平がMLBの100ホーマークラブに加入

ロサンゼルスエンゼルスの大谷翔平は、2022年5月14日、カリフォルニア州オークランドのオークランドコロシアムで行われたオークランドアスレチックスとの野球の試合の5回に、メジャーリーグで100回目の本塁打を放ちました。 (共同通信)

ロサンゼルス・エンゼルスの双方向スター、大谷翔平は土曜日にメジャーリーグで100回目の本塁打を放ち、オークランド・アスレチックスとの9対1のダブルヘッダーナイトキャップで5回2ランのシュートを放ちました。

大谷は、MLBの100本塁打クラブで松井秀喜(175)と鈴木一郎(117)に加わり、3人目の日本人としてマークを獲得しました。 大谷は松井の636試合の記録を破り、459試合でマイルストーンを達成した。

「まだシーズンの早い段階で、もっと多くの本塁打を獲得するために最善を尽くします」と大谷は打者として登場した444回目の試合の後に語った。

「私が長打を打つことを期待している人が多いと思うので、そういう意味では(記録をつけることは)大きい」と語った。

左打の投手は、日本パシフィックリーグの日本ハムファイターズとの5シーズンで48本塁打を放った。 昨シーズンの全会一致の投票でアメリカンリーグMVPを獲得する途中で、27歳のヒット46本のホームラン。

MLB.comによると、ベーブ・ルースは100本塁打と250三振を持った唯一の以前のMLBプレーヤーでした。

「私も手術などをしたことがありますが、これだけ遊んで、ここまで来てよかったです」と、日本ハムファイターズの幼い頃から体力や栄養に熱中している大谷さん。遠征でサプリメントやたんぱく質を詰めた巨大なスーツケースを運ぶのに使われていました。

大谷は、元ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜が尊敬し、自分の試合を盛り上げることを誓った選手だと語った。

「彼は一般的に優れた打者だった。彼はいつも私のターゲットだった」と大谷は言った。 「最高の打者は、散歩をしたり、長打を打ったりできる人です。」

「私はコーチと調整について話し合っていました。ストライクゾーンを少し広げているように感じます。私がより選択的で、良いスイングをすることができるピッチでのみ提供できるのであれば、私はいいね」

大谷が5月9日にタンパベイレイズと対戦した99回目のMLB本塁打は、高校を卒業して以来、最初のグランドスラムでした。 オークランドコロシアムの中堅手壁を越えてアダムオラー(0-3)をベルトで止めた彼の100回目は、今年で7回目でした。

大谷は土曜日の開幕戦でエンジェルスの4-3のウォークオフロスで打点を2対4でした。 大谷の本塁打は、セカンドゲームの5打席で唯一のヒットだった。

右足首の負傷を負った鈴木誠也は、4試合でスタメンに復帰し、1対4でシカゴ・カブスがアリゾナ・ダイヤモンドバックスに4-2で勝利した。

鈴木は涙を流しながらシーズンをスタートさせたが、ここ数週間、MLBのピッチングのタイミングに苦労している。

「たまたま(シングル)を上手く振ったので、うれしい」と鈴木は語った。 「しかし、それでも物事は正しく感じられず、私が別のことを試しているようなものです。」

。エンゼルスの大谷翔平がMLBの100ホーマークラブに加入
Source#エンゼルスの大谷翔平がMLBの100ホーマークラブに加入

Leave a Comment