エマ・ラドゥカヌが2021年の大坂なおみを抜いて、アシュリー・バーティがWTAツアーでトップの稼ぎ手

による報告によると デイリーエクスプレス、全米オープンチャンピオンのエマラドゥカヌは、2021年に4度のグランドスラムチャンピオンの大坂なおみよりも多くの収益を上げました。

ラドゥカヌは、今年初めの2021全米オープンで予選としてグランドスラムトーナメントで優勝した最初のプレーヤーになったときに有名になりました。 イギリス人は決勝戦に向かう途中でベリンダ・ベンチッチとマリア・サッカリを破り、そこで彼女はカナダのティーンエイジャーのレイラ・フェルナンデスを打ち負かした。

うわー…それは1年でした🤯私の2021シーズンを要約するために2枚の写真🩸💧私はあなたに感謝したいと思います、そして私はあなたの寛大なサポートにとても感謝しています。 私はこの信じられないほどの旅で多くのことを速いペースで学びましたが、私が言えるのは、次のステップに非常に興奮し、やる気があるということだけです。 https://t.co/SYgGccOx89

一方、大阪は全豪オープンで優勝し、見事な形で今年をスタートさせました。 しかし、日本人はメンタルヘルスの問題のためにシーズンの多くを逃しました。 大阪は2021年に170万ドルの賞金を獲得し、210万ドルをポケットに入れたエマラドゥカヌの後ろに2つの場所を置きました。

女性側の最高の勝者は、賞金300万ポンドの年末のNo.1 AshleighBartyでした。 オーストラリア人は、ヤラバレークラシック、マイアミオープン、シュトゥットガルトオープン、ウィンブルドンでタイトルを獲得した後、3年連続で女性ランキングのトップに1年を終えました。

エマ・ラドゥカヌは2022年に回復を目指しています

Emma Raducanu at the 2021 Linz Openまた読む記事は以下に続く



。エマ・ラドゥカヌが2021年の大坂なおみを抜いて、アシュリー・バーティがWTAツアーでトップの稼ぎ手

Source#エマラドゥカヌが2021年の大坂なおみを抜いてアシュリーバーティがWTAツアーでトップの稼ぎ手

Leave a Comment