エネルギーコストが高騰する中、日本の消費者インフレ率は2.1%

日本の消費者物価は5月に前年比2%以上上昇した。 エネルギーコストの上昇が増加の大きな要因でした。

内務省によると、生鮮食品を除く消費者物価指数は2.1%上昇した。

この数字は2ヶ月連続で2%を上回り、9ヶ月間上昇傾向にあります。

原油価格の高騰は引き続き指数を圧迫した。 合わせたエネルギーコストは17.1パーセント急増しました。

電気代は18.6%上昇し、ガソリンは13.1%上昇しました。

全体的な食料価格は2.7%上昇した。

主に輸入原材料を使用する食用油が36.2%出現した。

省当局者は、食品などの日用品の価格が上昇する傾向が続いていると述べています。 一部の食品生産者は値上げを計画しているため、状況を注意深く監視すると彼らは言う。

日本銀行は、国をデフレから脱却させるために、2%のインフレ目標を設定しました。

しかし日銀当局者は、現在の物価上昇は賃金や消費者需要の増加を伴わないため、経済にとって有益であるとは見なされていないと述べています。

6月24日(AnnNewsch)-総務省がした5月の消費者食は、光熱費や食価格の高アルゴリズムが生活しし2.1%減しましたた。 、消費者物価。…続きを読む


ビジネスページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

エネルギーコストが高騰する中、日本の消費者インフレ率は2.1%
Source#エネルギーコストが高騰する中日本の消費者インフレ率は21

Leave a Comment