エネルギーコストが高騰する中、日本の卸売価格は過去最高の10%に達する

4月の日本の卸売価格は前年同月比で10%上昇し、月曜日(5月16日)のデータによると、ウクライナ危機と円安がエネルギーと原材料のコストを押し上げたため、記録的な速度で上昇した。

企業が商品やサービスに対して互いに請求する価格を測定する企業物価指数(CGPI)の急上昇は、1981年に比較可能なデータが利用可能になって以来、1か月で前年比で最も速い上昇を示しました。

利益は3月に修正された9.7%の増加に続き、9.4%の増加の中央値の市場予測よりも高かった。

インフレの急増を懸念している他の中央銀行とは異なり、日本銀行(BOJ)は、インフレのコスト押し上げが長期的な物価予想を2%に引き上げていないという観点から、超簡単な金融政策を維持しています。目標。

日本企業は、賃金の低迷が消費者心理にほとんど役立たず、値上げで消費者を怖がらせることに慎重になっているため、上昇するコストを家計に転嫁するのに時間がかかっています。

月曜日のデータによると、4月の円ベースの輸入物価指数は前年比44.6%上昇し、最近の円安が日本企業の輸入コストを膨らませている兆候を示している。

日銀は先月、コア消費者インフレ率が先月から始まった今年度は1.9%に達し、2023年度と2024年度には1.1%に落ち着くと予測しました。これは、現在のコストプッシュ価格が一時的なものであると見ている兆候です。

しかし、アナリストは、原材料コストが高いため、より多くの企業が価格を引き上げることを余儀なくされ、日本の脆弱な景気回復にリスクをもたらすため、消費者インフレは今後数ヶ月で約2%にとどまると予想しています。

日銀がした先月の職物価指数前の年より10%上昇し113.5でした。後先月の持ち物価指数10%上昇し2015年を100としてではは113.5でした。物価評価がしする1960年度なする私ました試コロナからの世界権の上昇にさせすすししからい攻やや円安もからししててます。物価7割をするしました。日銀「モンコロナのその力勝するよかん情情構勢です。







エネルギーコストが高騰する中、日本の卸売価格は過去最高の10%に達する
Source#エネルギーコストが高騰する中日本の卸売価格は過去最高の10に達する

Leave a Comment