ウクライナ危機をめぐるドイツでのG7外国首相の緊急会談

関係筋によると、先進国7カ国の外相は今週、ドイツで緊急会議を開き、ロシアの侵略に対する懸念が高まる中、ウクライナをめぐる危機について話し合う予定だ。

情報筋によると、G7協議は、金曜日に開始される予定の国際安全保障政策に関する3日間の多国籍フォーラムであるミュンヘン安全保障会議の傍らで開催されるように手配されています。

日本は林芳正外相を英国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、米国も参加するG7会合に派遣することを検討している、と情報筋は述べた。

今週初め、G7財務相は、ロシアが近隣のウクライナに侵入した場合に「大規模かつ即時の」結果をもたらす経済制裁についてロシアに警告した。

ロシアがウクライナの近くに約15万人の軍隊を集めたため、緊張が高まりました。これは、2014年のクリミア併合に続く大規模な軍事力の増強です。しかし、モスクワは、ウクライナへの侵攻を意図していることを否定しました。

ロシア軍は火曜日、ウクライナ近郊での演習の後、一部の軍隊が基地に戻っていると述べた。

ロシアは、北大西洋条約機構の東方への拡大と旧ソビエト共和国が安全保障ブロックのメンバーになる可能性により、その安全保障が脅威にさらされていると主張してきました。


関連する報道:

ロシアは、ウクライナの侵略に対する恐れの中で、一部の軍隊が撤退すると述べている

日本はウクライナとロシアの緊張を和らげるために外交を強化する

ロシアがウクライナに侵攻する恐れがある中、米国はキエフの大使館を閉鎖する


。ウクライナ危機をめぐるドイツでのG7外国首相の緊急会談
Source#ウクライナ危機をめぐるドイツでのG7外国首相の緊急会談

Leave a Comment