インドネシア地震、がれきの下敷きになって45時間後に救出された5歳の少年

水曜日、インドネシアの消防士は、致命的な地震がジャワ島を襲った後、自宅のがれきの下に約 45 時間閉じ込められていた 5 歳の少年を救出しました。

一方、月曜日のマグニチュード 5.6 の地震による死亡者数は 271 人に増加し、さらに 151 人が行方不明になり、約 2,000 人が負傷したため、捜索活動が続けられました。

「アズカは午前 10 時 40 分頃、消防隊によって救出されました」と、国家捜索救助局の広報担当者であるアニッサ ノブリアンティは、少年の名前を挙げて語った。

2022 年 11 月 23 日、インドネシアのチアンジュールでアザクという名前の 5 歳の少年が父親に抱かれている様子を示すビデオのスクリーンショット。地震がその地域を襲った。 (写真提供:捜索救助庁)(共同)

ボランティアと代理店によって共有されたビデオ映像は、アズカが救助隊によってチアンジュールのカンポン ラワ シナ地区にある彼の 2 階建ての家のがれきから持ち上げられていることを示していました。

父親はすぐに彼を慰め、急いで病院に連れて行った。 彼の母親は火曜日に死んでいるのが発見された。

「彼はおびえているように見え、チームが彼を引き抜いた後、泣くことしかできなかった」とアニッサは共同通信に語った.

防災庁によると、少年の隣には祖母が倒れていた。

地震は西ジャワ州のスカブミ県を襲ったが、隣接するチアンジュール県にも深刻な影響を与えた。 県には約 520 万人が住んでいます。

2022 年 11 月 23 日にインドネシアのチアンジュールのクゲナン地区で撮影された写真は、2 日前にこの地域を襲った地震で破壊された家屋を示しています。 (木戸)

Alyssa Cahyadi さん (7 歳) は、Cianjur で最も被害の大きかった地域の 1 つである Cugenang 地区にあるイスラム教の学校 (マドラサ) の教室で勉強していると言いました。振る。 .

「出て行け!」 1年生は、先生が生徒たちに建物から避難するように指示したことを思い出しながら言いました。

マドラサでは、学校のバッグ、靴、サンダルが教室全体に散らばっており、災害を免れた学生によって放棄されたのが見られましたが、レンガの落下によって軽傷を負った学生もいました.

また、地震により 56,000 軒以上の家屋が被害を受け、その半数以上が深刻な被害を受け、62,000 人以上が避難しました。

災害対策本部によると、現在テントにいる彼らの多くは、被災地へのアクセスに問題があり、食料が不足しているという。

土砂崩れで幹線道路が封鎖された後、救援物資を運んでいる一部の車両は、最悪の被害を受けた地域にたどり着くために狭い通りや路地を通らなければならず、何時間も交通渋滞に巻き込まれました。

飢えた住民は救援物資を運ぶ車を止め、食べ物を物乞いした。

火曜日、ジョコ・ウィドド大統領は閣僚に対し、避難とがれきの下に埋もれた生存者の救助を優先するよう指示し、地滑りによって遮断された地域へのアクセスを迅速に回復させました。

2 億 7,000 万人を超える人口を抱えるインドネシアは、世界で最も地震活動が活発な地域の 1 つであり、多くの地震や火山噴火が発生する環太平洋地域に位置しています。


関連記事:

インドネシア地震で死者250人以上、行方不明者151人


インドネシア地震、がれきの下敷きになって45時間後に救出された5歳の少年

Source#インドネシア地震がれきの下敷きになって45時間後に救出された5歳の少年

Leave a Comment