アメリカの戦闘機が日本への緊急着陸に先立って燃料タンクを注ぐ

三沢飛行場に所属するアメリカのF-16戦闘機が火曜日の夜に2機の燃料タンクを落とした後、日本の北東部の青森空港に緊急着陸した、と国防省と日本人は言った。

午後6時10分頃の緊急着陸により、空港で唯一の滑走路が閉鎖され、国内線のいくつかに影響が出ました。 負傷者の報告はありませんが、近年の同様の燃料流出事故により、地域住民の安全への懸念が再燃する可能性があります。

同機は、2021年11月30日(東北)に北東日本の青森空港で見られた、米国三沢飛行場に所属するF-16戦闘機と考えられている。

三沢基地の第35戦闘機は、F-16戦闘機が飛行中に問題を経験し、そのパイロットが青森県の岩木山周辺の人口の少ない地域に燃料タンクを投棄したと述べた。

しかし、米軍の声明に反して、地方警察が市役所近くの道路で可燃性と思われる金属物や液体を見たため、2つの燃料タンクのうち少なくとも1つが住宅地に落ちたようです。

警察は潜在的な危険と燃料の強い臭いの中でその地域を封鎖した。

地方自治体によると、緊急着陸の原因は不明です。 戦闘機は出られないため、空港がいつ滑走路を開くことができるかについても不明である。

都道府県当局はこの事件を「起こってはならないこと」だと批判した。 米国の空中戦闘部隊は声明の中で、事故の原因を発見するために徹底的な調査を実施すると述べた。

東北国防総省の関係者は、「(パイロットが)緊急着陸時に安全を確保するために燃料タンクを落としたと聞いた。戦闘機が訓練していたかどうかは不明だ」と語った。

2015年には、F-16戦闘機が青森県沖の日本海に燃料タンクを投棄し、2018年には別のF-16戦闘機が三沢基地近くの湖に燃料タンクを投棄しました。

三沢基地は、米軍と自衛隊の両方の本拠地です。

。アメリカの戦闘機が日本への緊急着陸に先立って燃料タンクを注ぐ

Source#アメリカの戦闘機が日本への緊急着陸に先立って燃料タンクを注ぐ

Leave a Comment