アマゾンジャパンの配達ドライバーが組合を結成し、過労を主張

アマゾンの日本ユニットのフリーランスの配達ドライバーとして働いている10人のグループが組合を結成し、彼らの劣悪な労働条件を是正することを要求する手紙をオンラインショッピングの巨人の東京本部に手渡した、と組合員は月曜日に言った。

アマゾンジャパン合同組合は、フリーランスのドライバーとして働いているにもかかわらず、スマートフォンを介して配達指示を送信することで労働時間を効果的に管理しており、配達業務のアウトソーシングは労働契約の締結を回避する方法であると主張しました。

グループの弁護士と支持者は、Amazonの配達ドライバーが日本で組合を結んだのはこれが初めてだと述べた。

神奈川県横須賀市で配達を行うメンバーは、東京での記者会見で、特に昨年、会社が配達するパッケージの数と各ドライバーの数を決定するために人工知能に切り替えた後、非常に長い時間働くようになったと述べたカバレッジエリア。

アマゾンの関係者は、同社は「手紙を受け取り、彼らの要求の内容を精査している」と述べた。 …読み続けて

6月14日(Annnewsch)-アマゾンの追らがしし、「時間内にきれない獣が追いらし、長から軍をを、長からををを、、長、軍ををを、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、読み続けて


ビジネスページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

アマゾンジャパンの配達ドライバーが組合を結成し、過労を主張
Source#アマゾンジャパンの配達ドライバーが組合を結成し過労を主張

Leave a Comment