アジア太平洋閣僚会議で台湾をめぐる亀裂が露呈


速報: 日本の外務大臣、中国が二国間協議をキャンセルしたことを遺憾に思う

速報:中国との対話はこれまで以上に重要:日本の大臣


プノンペン – アジア太平洋地域の 18 か国を集めた地域閣僚会議で、米国の高官による台湾訪問とロシアのウクライナ侵攻を受けて、台湾付近で進行中の中国の軍事演習をめぐり、金曜日に亀裂が生じていると、会議の情報筋は述べた。

米国、日本、中国、ロシアを含むプノンペンで開催された東アジア首脳会議の外相会議の参加者は、台湾問題とウクライナ危機について辛辣な意見を交わした、と彼らは述べた。

日本の外務省によると、日本の林芳正外務大臣は、ナンシー・ペロシ下院議長の自治島への最近の訪問に応じて実施されたミサイル発射を含む軍事演習を直ちに中止するよう北京に要請した。

2022年8月5日、プノンペンで第12回東アジア首脳会議が開催される。(共同)==共同

日本政府によると、木曜日に演習で発射された弾道ミサイルのうち 5 発が日本の排他的経済水域に落下した。 複数の国が中国の彼らの解雇を非難した、と外務省は述べた。

東南アジア諸国連合の情報筋によると、中国の王毅外相は林氏の主張に反論し、日本と中国はまだ水域の境界を定めていないと述べた。

中国外務省の華春瑩報道官は北京で、軍が安全警報を発令しており、関連海域には日本のEEZと呼べる地域はないと述べた。

日本は木曜日に演習が始まる前に、中国が指定した軍事訓練区域が日本の EEZ と重なっているという懸念を中国側に伝えていた。

ASEAN の情報筋によると、アントニー・ブリンケン米国務長官は、EAS セッションでのペロシの台湾訪問を「平和的な」訪問であり、「挑発ではない」と擁護した。

日本、中国、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、インド、米国、ロシアの 10 の ASEAN メンバーが参加した会議で、王氏とロシアのセルゲイ・ラブロフ氏は、林氏が話すと退席した。

2022年8月5日、プノンペンで開催された東アジア首脳会議の外相会合での中国の王毅外相(中央)=共同撮影

中国外務省のスポークスウーマンは金曜日の記者会見で、会談での王の行動はペロシの訪問に対する中国の対応に対する日本の批判に関連していると指摘し、東京は台湾問題で「非常に粗末な」行動をとり、中国の人々を怒らせたと述べた。

日本の外務省と ASEAN の情報筋によると、林は、ブリンケンや他の参加者とともに、2 月下旬に始まったウクライナへの侵略について、モスクワを非難した。

外交官のトップは、中国軍が大規模な実弾射撃訓練を開始した翌日、台湾の近くで日曜日まで計画されていた.

台湾国防省によると、軍事演習の初日に、自治島の近くで 11 発の弾道ミサイルが発射された。

木曜日、中国は、ペロシの台湾訪問に対する中国の対応を批判する主要7か国(G7)の声明のために、予定されていた林と王の間の二国間会談を突然キャンセルした。 日本と米国は G-7 メンバーです。

この地域会合はまた、ロシアと、西側諸国および日本を含む他の国々との亀裂が深まる中で開催された。これらの国は、ウクライナへの侵攻をめぐりモスクワに厳しい経済制裁を導入した.

中国は、ロシアを孤立させるための懲罰的措置に参加していない。 代わりに、特に日本周辺海域で、ロシアとの共同軍事活動を明らかに強化している。

EAS メンバーのうち、中国、インド、ベトナム、ラオスは、ロシアにウクライナへの侵略を停止するよう求める国連総会の決議案について、3 月に投票を棄権しました。


関連記事:

米国、台湾付近での中国のミサイル発射を非難し、同盟国の安全を誓う

中国が発射した弾道ミサイルが日本のEEZに落下:政府

中国、台湾問題でカンボジアでの日本との会談をスキップ


.アジア太平洋閣僚会議で台湾をめぐる亀裂が露呈
Source#アジア太平洋閣僚会議で台湾をめぐる亀裂が露呈

Leave a Comment