アジアは食品から有害なトランス脂肪を除去するのに遅れをとっている:WHOの報告

月曜日の報告によると、世界保健機関が2018年に目標を設定して以来、世界中で大きな進歩が見られているにもかかわらず、アジアとアフリカ諸国は、今年の終わりまでに食品から有害なトランス脂肪を排除する取り組みに遅れをとっています.

「アジアは、ヨーロッパやアメリカ大陸に比べて(工業的に生産されたトランス脂肪を排除することの)進歩が比較的遅い地域です」と、レポートの筆頭著者であり、WHOの栄養および食品安全部門の科学者であるRain Yamamotoは述べています.

2013 年にシカゴで撮影された、トランス脂肪を含む食品を示すファイル写真。 (ゲッティ/共同)

「多くの健康関連分野でチャンピオンである日本が、ベストプラクティスの政策を採用することで地域をリードするのを見るのは素晴らしいことだ」と彼は付け加えた.

日本には、食品中のトランス脂肪に対処するための強制政策はありません。 タイは、2019 年にこのような規制を採用することで、アジアの模範となりました。 シンガポール、バングラデシュ、インド、フィリピンがこれに続いた。

工業的に生産されたトランス脂肪は、加工油からの人工化合物であり、揚げ物、ケーキ、加工食品、スプレッドに含まれています. その消費は、心臓病のリスクを高め、コレステロール値の上昇に寄与することで動脈を硬化させます.

WHOのテドロス・アダノム・ゲブレイェスス事務局長は記者会見で、「トランス脂肪は人を殺す有毒な化学物質であり、食品に入れるべきではない」と述べた.

「それには既知の利点がなく、医療システムに莫大なコストを生み出す膨大な健康リスクがあります」と彼は付け加えました.

WHOによると、人工トランス脂肪の最も健康的な代替品には、大豆、菜種油、オリーブ油などの植物性油が含まれます.

報告書によると、食品中のトランス脂肪のレベルを下げるための強制的な規制を行っている 60 か国のうち、43 か国が WHO の「ベスト プラクティス ポリシー」を採用しており、商業目的のすべての食品から工業的に生成されたトランス脂肪を排除することを目標としています。

しかし、日本を含む国には 50 億人が住んでおり、食品中のトランス脂肪の制限は義務付けられていません。

報告書によると、トランス脂肪の消費が原因の冠状動脈性心臓病による死亡率が最も高いと推定される 16 か国のうち 9 か国は、ベスト プラクティス ポリシーを採用していません。 これらの国には、オーストラリア、エジプト、パキスタン、韓国が含まれます。

このような死亡率は日本では低いが、山本氏は、食品メーカーがトランス脂肪を含む製品をまだ許可する市場を探しているため、トランス脂肪の摂取は将来人口でより一般的になる可能性があると述べた.

ネスレやダノンなどの大手食品加工会社を含む国際食品飲料同盟のメンバーは、2023 年までに生産から工業用トランス脂肪を排除することを約束しました。

山本氏は、WHOは独自にコミットメントを監視しており、その調査結果を今年の下半期に発表する予定であると述べました。


関連記事:

WHOの報告によると、世界のマラリア症例は2021年に緩やかに増加します

WHOは汚名を避けるためにサル痘に名前を変更

COVIDパンデミックの終わりは「見えている」:WHOの責任者


アジアは食品から有害なトランス脂肪を除去するのに遅れをとっている:WHOの報告

Source#アジアは食品から有害なトランス脂肪を除去するのに遅れをとっているWHOの報告

Leave a Comment