アザラシは、日本の研究者が南極の氷の下でデータを収集するのに役立ちます

アンテナ付きのヘルメットをかぶったアザラシは珍しいように見えるかもしれませんが、それぞれ頭に580gの監視装置が付いた8つのウェッデルアザラシは、日本の研究者が南極の厚い氷床の下の海域を調査するのに役立っています。 続きを読む:https://newsinfo.inquirer.net/?p = 1561797#ixzz7MIsgydhSフォローする:Twitterの@inquirerdotnet | Facebookのinquirerdotnet

2017年3月から11月の南極の冬の研究プロジェクトに利用されたこれらのシールには、頭に取り付けられた導電率、温度、深度センサーが装備されていました。これにより、科学者は、非常に過酷な環境条件。

プロジェクトリーダーの国分信夫氏は、このような研究は科学者が動物の行動パターンと生態を追跡するのに役立つと述べた。

7つのアザラシから収集されたデータは、そのうちの1つが南極の日本の昭和基地の海岸から633 km(393マイル)まで移動し、もう1つが700m(2,297フィート)の深さまで降下したことを示しています。







アザラシは、日本の研究者が南極の氷の下でデータを収集するのに役立ちます
Source#アザラシは日本の研究者が南極の氷の下でデータを収集するのに役立ちます

Leave a Comment