アクセルセンと山口がバドミントン世界選手権で3回戦進出

© 新華社提供

世界バドミントン選手権では、第 1 シードのビクトル アクセルセンと現チャンピオンの山口茜が第 3 ラウンドに進出しました。

東京 8 月 23 日 (新華社通信) — 火曜日に行われたバドミントン世界選手権の男子シングルスで、第 1 シードのビクトル アクセルセンが第 3 ラウンドに進出し、現チャンピオンの山口茜がホームコートでタイトル防衛を開始する最初の試合に勝利しました。

デンマークのアクセルセンは 5 連続ポイントを獲得し、19-16 で引き分けたときに第 1 セットを 21-19 で取り、第 2 セットを 21-10 で取り、オランダのマーク カルジューを倒しました。

アクセルセンは今シーズンのツアーで 1 試合しか負けておらず、東京オリンピック チャンピオンは、彼の「恵まれた土地」に戻った後、トーナメントの最有力候補と見なされています。

「逆転できて本当にうれしい。3回戦に進出できてうれしいし、本当に楽しみにしている」とアクセルセンは語った。

© 新華社提供

10か月の出場停止処分からトーナメントに復帰した中国のShi Yuqiは、46分でデンマークのRasmus Gemkeを21-13 21-16で下し、ベスト16に進出した。

2018年のワールドファイナリストは、彼のパフォーマンスを「10点満点中7点」と評価し、1回戦のショーよりも1ポイント上回っています。

「最高のバドミントンにはまだほど遠いですが、最初の試合よりもずっと良いプレーができました。

© 新華社提供

女子の山口は開幕戦でバイバイを楽しんだ山口が、インドネシアのグレゴリア・マリスカ・トゥンジュン(Gregoria Mariska Tunjung)を21-12 21-15で下し、次のラウンドで同胞の高橋さやかと対戦する。

山口は先月のマレーシア・マスターズの準々決勝でトゥンジュンに敗れたことがあった。

「第 2 試合が終わる頃まで、自分に息の余地があるとは感じなかった。攻撃に出るというよりも、対戦相手に対処することが重要だった」と地元の人気者は語った。

中国の He Bingjiao と Wang Zhiyi は、どちらも第 2 ラウンドで不戦勝を獲得し、トーナメントの最初の試合で勝利しました。

第9シードの彼はアメリカのアイリス・ワン(Iris Wang)を21-13 21-7で下し、3度の世界チャンピオンであるスペインのカロライナ・マリン(Carolina Marin)と対戦する。

第11シードのワンは、デンマークのクリストファーセンに21-15、21-14で勝利し、次の対戦相手は同胞のハン・ユエだ。

.アクセルセンと山口がバドミントン世界選手権で3回戦進出
Source#アクセルセンと山口がバドミントン世界選手権で3回戦進出

Leave a Comment