アイヌ舞踊、その他の伝統を北海道で開催するツアープログラム

北海道の帯広に住む日本の先住民族アイヌの人々は、地元の団体と協力して、旅行パッケージの一部として2024年に開始されるダンスやその他の伝統をフィーチャーしたツアープログラムを開発しています.

10月1日夜のテスト公演では、地元のアイヌ文化保存会のメンバーが民族衣装に身を包み、弓矢を使った狩猟など5種類の踊りを披露した。

かがり火に囲まれた特設ステージで、協会のメンバーが狩りについてのダンスを披露します。

キャンプファイヤーが立ち並ぶエリアを囲むミュージアムガーデンに特設ステージを設け、約30名の観光関係者を招待。

火とライトで照らされたステージで、社会のメンバーはシンセサイザーからの現代の電子音楽に合わせて踊り、最後にダンスに参加するよう招待される幅広い観光客が参加しやすいようにしました。

アイヌ民族として協会を運営する酒井菜々子さん(71)は「アイヌ舞踊が広く知られるきっかけになる。何より野外で踊るのは開放感があり、楽しい」と話した。

同会は8月、大手旅行会社主催のツアーの一環として、アイヌの人々が伝統的に食べてきた野草や狩猟文化を紹介するミニツアーを開催した。

市役所や旅行事業者団体も参加する主催団体は、仕事を離れて伝統的な活動に参加する先住民族の収入を確保するためのプログラムを目指している。

また、観光客の夜のオプションを充実させることを目的として、2024 年 6 月から 9 月までの週末に、個人旅行者向けの大人料金 1,800 円 (12 ドル) でダンス ショーが開催される予定です。

北海道新聞社


関連記事:

新婚夫婦が北海道でポケモン認定証を取得

アニメで飾られた「痛車」が北海道のイベントで組み立てられます

札幌のクマ駆除に茂みの伐採が効果的であることが証明された


アイヌ舞踊、その他の伝統を北海道で開催するツアープログラム

Source#アイヌ舞踊その他の伝統を北海道で開催するツアープログラム

Leave a Comment