アイヌ文化団地で観光を後押しする日本

日本政府は、アイヌ先住民に捧げられた北海道の主要な文化施設へのインバウンド観光を促進すると、松野博一官房長官は日曜日に述べた。

政府のアイヌ政策推進本部を率いる松野氏は、10月に政府の最高報道官に就任して以来初めての旅行である、本島北部の白老町にあるウポポイ複合施設を訪れた。 北海道知事とも会談。 鈴木直道とアイヌ文化を守る地元の人々。

ポロト湖に隣接する約10万平方メートルの敷地にあるウポポイは、国立アイヌ民族博物館、国立アイヌ公園、記念碑などの施設で構成されています。 ウポポイとは、アイヌ語で「大勢で歌う」という意味です。

ウポポイの公園には、アイヌのダンスと音楽のパフォーマンスのためのホール、アイヌ料理と楽器のためのワークショップ、工芸品のデモンストレーションのためのスタジオ、そして伝統的なアイヌの村があります。

記念碑には、記念碑とともに、追悼式を行い、避難民のアイヌ人の遺骨を保管するための建物があります。 過去には、全国の大学でアイヌ遺跡や関連する埋葬品が発掘・収集・保管されていました。







アイヌ文化団地で観光を後押しする日本
Source#アイヌ文化団地で観光を後押しする日本

Leave a Comment