みずほフィナンシャル、女性管理職登用に躍起

みずほフィナンシャル グループは最近、女性従業員と役員を結びつけ、管理職に就く女性の数を増やすプログラムを開始しました。これは、日本のトップの貸し手が、男性中心の経営陣を多様化することでサービスの向上を目指しているためです。

このスキームは、ロールモデルや女性従業員の機会の欠如などの要因に起因する管理職の女性不足に対処することを目的としています。

2022年1月17日、株式会社みずほフィナンシャルグループの会長に就任した後、都内で記者会見を行う木原正浩氏(左)(共同)

親会社とその部門 (みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券) の 5,336 人の管理職のうち、7 月に女性だったのはわずか 412 人 (7.7%) でした。

取締役を含む 97 名の取締役のうち、女性は 3 名のみで、全員が海外から任命されました。

みずほの最高財務責任者である木原正弘氏は、「経営陣はこの問題に全力で取り組んでいます」と述べ、指導的地位に就く女性の数を増やすことに関する国際会議に出席する意向であると付け加えました。

9月に導入した制度では、管理職候補と目される社員が毎月1時間程度、みずほユニットの役員と必要なスキルなどについて話し合う。

このプログラムは、管理職の役割に女性を慣れさせることを目的としていますが、取締役会のメンバーが女性の部下と働く方法を学ぶこともできます。

プログラムに参加したある社員は、「経営判断を下す際の思考と判断を学び、それを仕事に活かすことができます」と語っています。

このプログラムは、4月から上場企業が年次有価証券報告書で管理職に占める女性の割合を開示することを義務付けるという金融庁の発表に続くものです。

日本は、管理レベルでの男女平等の達成において、他の主要国に遅れをとっています。 スイスを拠点とするシンクタンクである世界経済フォーラムによると、2021 年の男女格差ランキングでは 156 か国中 120 位、経済への参加と機会では 117 位にランクされました。

総務省のデータによると、2021 年の日本の女性管理職の割合は 13.2% であり、欧米諸国の 30 ~ 40% を下回っています。

みずほフィナンシャル、女性管理職登用に躍起

Source#みずほフィナンシャル女性管理職登用に躍起

Leave a Comment